車両トラブル緊急対応サービスとは | かんたん自動車保険ガイド






車両トラブル緊急対応サービスとは










自動車保険やサービスには聞き慣れない言葉や難しい用語がありますが、車両トラブル緊急対応サービスは比較的簡単かつシンプルな意味の言葉です。
文字通り車に何かトラブルがあった時に早急な対応で対処してくれるサービスの事を車両トラブル緊急対応サービスと呼び、このサービスにお世話になる機会は多いでしょう。

車両トラブル緊急対応サービスで受けられるサービスについて

そしてトラブルの内容ですが、キーの紛失やバッテリー上がりやガス欠、パンクなどが代表的な例で、こういうトラブルが発生したら現場で即座に問題を解決してくれます。
運転中にバッテリーが上がったり、車を使おうと思ったのにキーが見つからない、あるいはキー閉じ込みなどが起きたら大変ですので、その場で解決してくれるのはとても頼もしいサービスです。
ただしこのサービスは簡易的な対応しか出来ない事があり、修理屋で本格的な修理を施さないといけない場合や、簡易的な道具ではお手上げの場合はサービスの対象外となる事もあり、幾つかの制限があったりもします。
基本的にサービスは無料が原則ですが、ガス欠の場合は確かにガソリンを届けてくれるとは言えガソリン代は有料になる事があり、エンジンの修理も3ヶ月に1回みたいに修理回数が決められているケースが多く、他にもパンク修理の時などは別途部品代を請求される可能性があります。

少なくとも簡易的な作業なら何でもかんでも無料でやってくれる、どんな大規模なトラブルでも絶対に何とかしてくれるという完全無欠のサービスではありません。
どちらかと言えばちょっと困った時に頼りになるサービスと言った方が正しいので、このサービスに頼りすぎるのは良くないでしょう。

ちょっとしたトラブルの時に力を発揮するサービス

車両トラブル緊急対応サービスについてまとめると、大規模なトラブルには対応しきれないけど、ちょっとした緊急時には即座に対応してくれる頼もしいサービスであり、部品代やガソリン代などを請求される事があるとは言え、自分じゃどうしようもない問題を解決してくれるトラブル時の切り札になるサービスです。
決して巨大なメリットを孕んでいる訳ではありませんが、車をずっと利用していると事故のような大規模なトラブルよりも、キーの閉じ込みやガス欠のような小規模なトラブルこそ誰にでも起こりえるトラブルですから、自動車保険に入るなら車両トラブル緊急対応サービスが付帯している方が絶対にお得です。
特にガソリンの補給、ヒューズの切り替えや落輪の引き上げはちょっとしたトラブルとは言え素人には難しい作業になります。
だから

車両トラブル緊急対応サービスに入っておけば何かと安心出来るはずですし、自動車保険に入る時は車両トラブル緊急対応サービスの有無は絶対に確認しておきましょう。