運転者年齢条件とは | かんたん自動車保険ガイド






運転者年齢条件とは










自動車保険の運転者年齢条件とは、被保険自動車を運転する方の中でも最も年齢が若い方に応じて運転者の年齢区分を選択するものになり、この区分の中で年齢が高い区分を選択した場合には保険料が安くなります。
この運転者年齢条件は別名で運転者年齢限定特約などと呼ばれる事もあるのですが、一般的に運転者の年齢が高くなれば免許を取得してからの年数も長くなり、運転歴が長ければ事故を起こすリスクが低くなると考えられますので、

  • 自動車保険においても運転手の年齢が高い場合には保険料を安く抑えることが可能
  • になります。

    年齢によって区別している面があります。

    運転者年齢条件には年齢に応じていくつか区分される事になり、21歳以上・26歳以上・30歳以上・35歳以上などと区分している保険会社もあれば、21歳以上・26歳以上・30歳以上などと設定している保険会社もありますので、選択肢に違いがある場合があります。
    条件が適用される範囲については単に家族であれば無条件にあてはまる訳ではなく、記名被保険者・記名被保険者の配偶者・記名被保険者や配偶者の同居の親族、また上記のいずれかに該当する者の業務に従事している使用人、などがあてはまることになります。

    条件によっては保険が適用できない場合

    保険の契約をする際にはこの条件設定で間違えるケースも多く見られるもので、例えば被契約者である父親の年齢に合わせて35歳未満不担保などを選択することもあるのですが、このケースでは家族の中でこの年齢条件に合わない方が運転をして事故を起こした場合には自動車保険が適用されない事になります。
    このケースで35歳に満たない子供が運転した場合には保険が適用されず、本来は運転歴が少なく事故を起こす確率が低い子供が保険でカバーされていない事はあまりにリスキーになります。
    また年齢区分については正確に理解しているにも関わらず、保険料を安くする目的で一番年齢が高い区分を選択するケースも少なからずあるのですが、この場合もまた同様に年齢が低い方が運転すれば保険が適用されない事になりますので、リスクをとってまで保険料を下げる事は避けるべきとなります。
    さらに年齢の区分に際して言葉の意味を正しく捉えておらず、実際の年齢と選択した年齢に違いが生じる事があります。

    • 特に未満などの言葉が条件に入る場合にはその年齢が含まれませんので、例えば35歳の誕生日を迎える前日までの方であれば35歳未満の範囲から除かれる
    • ことになり、このあたりの言葉の意味合いについては正しく捉える事も重要になります。