ドライブレコーダーとは | かんたん自動車保険ガイド






ドライブレコーダーとは










こちらはまったく悪くないのに相手の不注意や危険運転などで、もらい事故を受けるということもあります。
その場合、こちらが補償を受けるために自分がもらい事故を受けたことを証明する必要がありますが、どのようにして証明できるでしょうか。
こちらが指摘して相手が素直に応じてくれれば話はスムーズですが、そうはいかず、相手も自分が悪くないと主張してくるかもしれません。
こういう状況では事態がスムーズに解決しないので、ある方法を用いることになります。

その方法とは、ドライブレコーダーの記録を検証して、そのデータを基に事故内容を判断することです。
ドライブレコーダーは最近では一般的になり、それを設置しておくことによって、その場で起きた事故がどんなものだったかを証明する便利な道具として知られるようになりました。
もらい事故の証明ではこれが欠かせないので、まだ設置していない方はこれを設置されるようお勧めします。

ドライブレコーダーの知識

導入前にドライブレコーダーの概要を知っておく必要がありますが、ドライブレコーダーとは、事故直前から事故直後までの映像を記録しておく文字通りレコーダーのことです。
さまざまな機能や特徴をもった製品があり、事故が終わるまでずっと記録を続けるタイプのものや、何らかの衝撃を感知して記録が開始されるものや、オーバーライトしながらデータを記録し続けることができるタイプもあります。

記録されるのはカメラが捉える映像だけではなく、速度、事故発生時にシートベルトが締められたかどうかなども記録できます。
また、データを現場でそのまま保持できるタイプもあれば、無線を使って警察や保険会社に送ることができるものもあります。

ドライブレコーダーと任意保険について

さて、ドライブレコーダーによってこちらのもらい事故が証明できるといいましたが、逆にこちらの過失をドライブレコーダーによって証明されてしまうということもあります。
それはそれでこちらが悪い場合は仕方のないことですが、しかし、ドライブレコーダーの存在によってますます事故を誤魔化せない時代となっていることを考えれば、こちらが相手に補償をしなければならなくなる状況や確率も高まってきたといえます。
そういう意味で、任意保険の加入はとても重要であるといわなければなりません。
自賠責保険でもある程度はカバーできますが、それではカバーしきれない領域になると任意保険しかありません。

今は昔のように過失割合が曖昧になる時代でもなく、ドライブレコーダーによってしっかり証明される時代です。こうした点も踏まえて、また万が一の事態を考えて、任意保険に加入しておくのは賢明です。