育英費用特約とは | かんたん自動車保険ガイド






育英費用特約とは










車の任意保険に加入するとき、最も悩むのは特約をどうするかということではないでしょうか?
それは任意保険の特約にたくさんの種類があるからで、どれが必要なのか、自分で判断するのが難しいからです。
いくらメリットのある特約でも、別の特約と補償が被るということもありますし、そうなるとムダが発生して経済的には損するということもあります。
したがってまず、家族構成、それぞれの年齢、車の使用目的など、車と保険に関わる基本要素をよく確認したうえで、本当に付帯させるべき特約について考えてみる必要があります。
例えば育英費用特約は、小さなお子さんのいらっしゃるご家庭では欠かせない特約といわれますが、小さな子供がいれば必ず付帯させたほうがいいのでしょうか。

育英費用特約の特徴

育英費用特約とは、交通事故で扶養者が死亡したとき、その扶養者の子供の育英費用が保険によって補償されるというものです。
これは保険会社によって補償内容がことなりますが、一定期間、一定額が補償されています。
子供がまだ小さいうちは何かと育英費がかかるものですが、この特約があることで、扶養者の急な逝去によるリスクを回避することができます。
ただし特約をつけるための条件や年齢制限があり、こうした条件は保険会社によって異なることを知っておかなければなりません。
例えば、育英費用特約がある場合でも、会社によっては年齢が15歳までとなっていたり、あるいは18歳未満となっていたり、まちまちです。
したがって特約を検討するときは、各社の補償内容と年齢制限について必ず確認するようにしてください。

無料一括見積を利用した料金比較

ところで、

保険に加入するときは特約だけに注意を奪われないようにしましょう。任意保険はまず基本補償が大切であり、その次に特約のことを考えるべきです。

基本補償では補償内容も大切ですが、保険料のことを検討する必要もあります。
必要な補償が入っていて、必要な特約もあり、なおかつ保険料金の条件もいいというのが理想的ですが、自分にとって都合のいいバランスを備える保険はなかなか見つかるものではありません。
そうするためには、できるだけたくさんのお保険会社のサービスを比較しなければなりませんが、料金の比較については無料一括見積が有効です。
これはどこが一番保険料が安いかを知るために便利なツールですが、希望する保険内容を入力するだけで、一度に20社以上の保険料を比較することができます。

忙しくて時間がとれないという方は、ぜひ無料一括見積を利用して料金比較を行ってください。