沖縄料率とは | かんたん自動車保険ガイド






沖縄料率とは










沖縄料率は、自動車保険の料金に算定において沖縄県内でのみ適用される保険料率を指しています。

一般的に自動車保険は全国どの地域で加入した場合も同じ価格になると考えられていますが、実は地域により大きな価格差があり、沖縄県は全国的にも最も低い料率が適用されているのです。

はな さん
えっ?! そうなんですか?!

全国どこでも一緒だと思っていました。


あかり さん
自動車保険の保険料については全国的な平均料金がおよそ4万円台中頃になるのですが、その一方で沖縄県に関しては平均で4万円を割り込み38000円程とされています。

こうした地域別料率についてはもっとも高額になる愛知県ではおよそ53000円程になるとされており、沖縄料率と比較した場合にはおよそ15000円にも及ぶ金額差があるのです。

なぜ地域により料率が異なるのか

こうした地域別料率については、高い割合が設定されている地域にお住まいの方からすれば納得しにくいものかもしれませんが保険料の違いには理由があります。

はな さん
どうして保険料に違いがあるんですか?

あかり さん
それぞれの地域の気候条件や交通事情、事故の発生件数などを考慮に入れているからです。

まず国内の事情として日本列島は南北に細長いことがあり、それぞれの地域により気候条件や地形などには大きな違いがあるのです。例えば北海道であれば道路が広く走りやすい一方で、日常的に速度を出し過ぎる事もあれば、冬になると積雪により交通事故のリスクが増すこともあります。

また東京や愛知などの都市部においては交通量が多くなり事故発生件数も必然的に多くなりますので、こうしたそれぞれの地域の特性により自動車事故のリスクが大きく変わり、それに応じて地域別料率も大きく変わる事になるのです。

また沖縄に関してはもう一つ大きな事情があり、離島は交通手段が限られていることから日常の生活では車で通うことが多く、沖縄では鉄道に関してモノレールの一路線しか存在しません。

そのため本土と比較をすると車に頼らざるを得ない生活スタイルが顕著にあるため、そうした事情に配慮して他の地域と比較しても特に低い料率が設定されているのです。

料率が高い地域とは

沖縄料率は国内では最低水準とされているのですが、その一方で料率が高く設定されている所にはどのような地域が当てはまるのでしょう。

はな さん
料率が高く設定されている地域はどこですか?

あかり さん
まず最も料率が高いのは愛知県で、それに続く第2位は岐阜県、第3位は北海道、第4位は大阪府、第5位には京都府となっています。

意外にも国内で最も人口が多い東京都は第11位にランキングされており、全国的な平均と比較してもそれほど高くなる訳ではありません。

はな さん
料率が高い地域に住んでいても保険料を安くする方法はありますか?

あかり さん
インターネットの一括見積もりを利用して保険料が安い会社に加入すれば、負担を減らす事ができます。

有効に活用するといいでしょう。