ノーカウント事故とは | かんたん自動車保険ガイド






ノーカウント事故とは










ノーカウント事故とは、車で事故を起こし保険を利用する際にノンフリート等級制度で事故としてカウントされる事がなく、翌年の等級がダウンする事がないタイプの事故を指しています。

一般的に事故に伴い自動車保険を利用すると翌年から保険料が跳ね上がる事は広く知られているのですが、全ての事故において等級が下がり費用が増すのではなく、特定の事故においては等級がダウンせず据え置かれるので、翌年から保険料が増額される事がありません。

はな さん
ノーカウント事故の場合は等級がダウンしないんですね。

等級がダウンしないということは保険料も変わらないということですか?


あかり さん
ノーカウント事故であれば翌年の等級がダウンしないだけでなく、事故有係数適用期間として加算されない事から保険を利用しない場合と同額の保険料になりますので、事故係数による負担増の心配もありません。

はな さん
翌年の等級が上がることはないですよね?!

あかり さん
翌年には現在の等級から1等級アップする事もまた大きな特徴になり、いずれにせよ負担増の心配なく安心して保険を利用する事が可能となります。

ノーカウントにあたる具体例

はな さん
どのような場合にノーカウントになるんですか?

あかり さん
支払われる保険金の種類で言えば、搭乗者傷害保険金・人身傷害保険金などが挙げられます。

搭乗者傷害保険とは事故相手の有無に関係なく部位症状別にあらかじめ決められた保険金の範囲内で保険金が支払われるもので、運転手を含む搭乗者全てのケガに対しカバーしてくれます。

この搭乗者傷害保険には死亡・後遺障害・入通院一時金補償型と入通院一時金補償型など種類が分かれているのですが、双方共にノーカウントに該当する事になります。

また人身傷害保険も搭乗者傷害保険と補償の内容が重複する事になるのですが、損害金額に対してあらかじめ決められた補償範囲内で全額支払われる点が大きな違いとなり、一般的に人身のみの補償より搭乗者も含めて付帯した方が補償が手厚くなりますので、万全を期すために双方に加入しているケースが多くなります。

使用できる特約

はな さん
ノーカウント事故にあてはまる特約はどんなものがありますか?

あかり さん
保険会社により異なりますが、弁護士費用特約、無保険車傷害特約、ファミリーバイク特約等々があります。

続いてノーカウント事故にあてはまる特約についてですが、個々の保険会社により異なるのですが適用範囲が広いことが大きな特徴になり、人身車外補償特約・人身家族おもいやり特約などから、バイクをお持ちの方が付帯するファミリーバイク特約(人身・自損)や弁護士費用特約・個人賠償責任特約・無保険車傷害特約なども当てはまります。

またそれ以外にもロードアシスタンス特約・自転車傷害特約・事故時代車費用特約 ・車両無過失事故に関する特約により無事故として取扱う事故なども該当しますので、適用される範囲は非常に幅広くなります。

加入している保険会社のホームページやパンフレットからノーカウントとして扱われる事故を確認しておくといいでしょう。