マイカーリースとは | かんたん自動車保険ガイド






マイカーリースとは










一般的にマイカーを持つ時には、新車でも中古車でも販売会社から車を購入するのが一般的ですが、購入しないマイカーリースという方法があるのをご存じでしょうか?

法人が営業車をリースする事があるのはよく知られていますが、実は個人向けリースというサービスがあるのです。

マイカーリースは高級な車をお手頃価格で乗る事が出来ると、幅広い年代の方に人気が出ているサービスですが、実際には本当にお得なのでしょうか?

はな さん
新車でもマイカーリースなら乗れるのかな?と思っているのですが、マイカーリースの仕組みをよく理解していません。

マイカーリースについて教えてもらえますか?


あかり さん
了解しました。

知っておきたいマイカーリースの仕組み、メリットやデメリットについて調べてみましたので、参考にしてみてください。

マイカーリースって何?

マイカーリースとは自分が乗ってみたい車を、月々のリース料を払いながら乗る事が出来るサービスです。

契約できる期間はマイカーリース会社によって異なっており、数ヶ月という短期間から、数年間という長期間まで幅があります。

生活スタイルが変わる時は、契約期間が満了した後に別の車に乗り換える事が出来るので、便利だと人気があるサービスです。

契約期間が終わると、そのまま車を返却する事も可能ですし、ほかの車に切り替えてリースを続ける事も出来ます。乗っていた車が気に入って手放したくないなら、残価を払って車を買い取る事も可能なのです。

はな さん
長い間レンタカーを借りている感じですか?

あかり さん
確かに長期のレンタカーのような内容と感じるかも知れませんが、レンタカーは定期的に不特定多数の人に貸し出されます。

マイカーリースの場合は、契約している期間の間は自分だけが利用する事が出来て、レンタカーのサービスとは異なります。

レンタカーよりも自分の車という意識を持ちやすいでしょう。

マイカーリースのメリットは?

はな さん
マイカーリースの自動車保険や自動車税はどうなっているんですか?

あかり さん
リース会社が自動車保険や自動車税は払ってくれます。

人気が出ているマイカーリースのメリットは、税金や保険などの面倒な手続きが不要いう事です。リース会社が自動車保険や毎年の税金を代わりに支払ってくれるので、家計にも安心という事です。

やはり新車を購入する時は、頭金のためにまとまった初期費用が必要な時が多いですが、マイカーリースの場合は初期不要の負担が少ないのも良い点です。

車検などのメンテナンス費用も月々のリース代に含まれていて、維持費が安くなるメリットもあります。

はな さん
もし、事故を起こしてしまった場合はどうなりますか?

あかり さん
事故を起こしてしまった時も、事故処理をマイカーリース会社が行ってくれます。

複雑な事故後の処理を速やかに対応してもらえるのは助かります。

新車を購入しようと思っていて、どの車にしようか迷っている時は、購入前にマイカーリースで数ヶ月間使ってみる事が出来るのもメリットです。

知っておきたいデメリット

マイカーリースはメリットばかりではありません。

はな さん
マイカーリースのデメリットは何ですか?

あかり さん
デメリットを挙げると、中途解約をする時には解約金が必要ということです。

最初に契約したリース期間中に解約する事は基本的に出来ないので、解約をする時にはリース会社が認める、やむを得ない事情がなくてはなりません。

事故に遭って車が全損したり、エンジンの故障などで走行不能になった時は、やむを得ない事情とみなされ解約をする事が出来ます。しかしその時に中途解約金を支払わなくてはならないのです。

中途解約金は、契約満了までのリース料金と残存価格から、現在の車両の査定金額を差し引いたものの合計になります。もし契約期間の最初の頃に中途解約する場合は、かなりの金額の解約金を支払わなければなりません。

はな さん
もしもの時の中途解約金が心配なんですが……

あかり さん
多額の解約金の支払いが心配な時には、個人で車両保険に入っておくと良いでしょう。

事故発生時の費用や解約金などを、保険の補償で賄うことが出来るので安心です。

実は損をしてしまうマイカーリース

新車を購入する時には初期費用がかかりますが、ローンを支払い終わった後は自分の車になります。

しかし、マイカーリースの場合は契約期間を満了し、リース料金を全て支払っても、自分の物にはなりません。

もちろん契約満了時に残価を支払って自分の所有車にすることは出来ますが、トータルの金額を考えると、ローンを組んで新車を買うよりも高く付くという事があります。

はな さん
他にマイカーリースで注意すべきポイントはありますか?

あかり さん
契約満了時に走行距離が多すぎると、追加で費用を請求されることがあるので覚えておきましょう。

例えば最初にマイカーリースをする時に、年間で15000kmまでしか走行しないなどの約束事を決めます。この設定走行距離をオーバーしてしまうと、追加で費用が請求されるのです。

せっかく気に入った車を手に入れたのに、いつも走行距離を気にしながら乗っていくのは残念です。

何らかの理由で遠出をしなければならない時など、最初から車を買っておいた方が結局、購入代金が安かったという事も考えられるので注意が必要です。


マイカーリースにするのか、新車か中古車を購入するのかを検討する時に、自動車保険料を含めた維持費を計算する必要があるでしょう。少しでも年間の自動車保険料が安くなるなら助かるに違いありません。

自動車保険一括見積もりサービスを利用すると、今までよりも自動車保険料が数万円も安くなったという方が多くいます。

一括見積もりサービスを使うと、保険料の相場が分かりますし、毎年変わる保険会社のサービスの中から現時点で一番安い保険会社を知ることも出来るので便利です。

多くの人が利用している一括見積もりサービスで、自動車の維持費の負担を和らげていきましょう。