ドライバー保険と他車運転危険特約 | かんたん自動車保険ガイド






ドライバー保険と他車運転危険特約










ドライバー保険

通常、任意の自動車保険では自家用自動車を所有している人が、所有している車を対象として保険に加入契約します。

しかし、自分で車を所有しておらず他人の車を借用して運転することが多い人向けに、ドライバー保険という自動車保険があります。

はな さん
ドライバー保険はどんな内容の保険なんですか?

あかり さん
ドライバー保険は、借用した車を運転中に発生した事故による対人賠償、対物賠償、自損事故などを対象としていますが、借用した自動車に対する損害賠償は通常含まれません。

また、ドライバー保険では他人に借りた車やレンタカーは補償対象となりますが、同居の家族や親族が所有する車は対象外となります。

他車運転危険補償特約

一方、自分で自家用車を所有しており、任意の自動車保険に加入しているドライバーは「他車運転危険補償特約」によって、他人から借りた車に対する補償がつけられています。

この特約は自動付帯といって、対人・対物などの自動車保険とあらかじめセットにされている特約ですが、補償の内容は自動車保険によって異なるので確認が必要です。

なお、この特約では会社の役員や経営者が会社の車を運転している場合や、被保険者の使用人が所有する車を使用人の代わりに業務で運転している場合は保険の対象外となります。

ほかに陸送や運転代行など業務として運転を受託した場合、無断で他人の車を運転した場合も特約の対象外となります。

また、他車運転危険補償特約は適用される車種が限定されています。自家用の軽自動車や乗用車、キャンピングカーなどは対象となりますが、自家用普通貨物車では最大積載量によって制限があります。

2トンを超える普通貨物自動車では特約の対象外となるので、引越しなどで借りたトラックを運転するような場合は注意しましょう。

はな さん
他車運転危険補償特約は対象外も多いので注意しなくてはダメですね。

あかり さん
そうですね。

ただ、友人の車でドライブ中に運転を代わった際に起こしてしまった事故やレンタカーを運転している時に起こした事故等々を補償してくれるので、いざという時にとても助かる特約です。

同居の家族や親族が所有する車は対象となる?

他車運転危険補償特約もドライバー保険と同じく、同居の家族や親族が所有する車は対象外としています。

この特約の対象となるのはあくまでも一時的に借りた車であり、常に借りている車は対象とはなりません。

一定期間以上借りっぱなしの車には特約が適用されません。

他者運転危険補償特約で適用されるのは、対人賠償、対物賠償、自損事故での自分のケガなどですが、保険の種類によっては車両保険の適用を受けられる場合もあります。

自分の車か相手の車、もしくは両方の車が車両保険に加入しているなど、自動車保険の商品や保険会社によって条件は異なりますので、保険会社に問い合わせてみて下さい。

  • 借りた車で事故を起こし、その車の自動車保険を使用すれば、貸してくれた人の保険等級が下がってしまいます。そんなことにならないよう、他人の車を借りるときはドライバー保険や他者運転危険特約についてよく確認しておくようにしましょう。