自動車保険の早期割引とは | かんたん自動車保険ガイド






自動車保険の早期割引とは










車を所有する人なら誰でも自動車保険料の負担をいかに軽くするかということを、いつも考えてらっしゃると思います。
その方法には、最初から低価格の保険に入ることや、不要な補償を付けないようにすることなどがありますが、他にも負担を軽くできる方法があります。
それは、早期割引を利用することですが、これは会社によっては早期契約割引または早割などと呼ばれているものです。
この早期割引を知っておくかおかないかで、自動車保険料を安く抑えられるかどうかが変わるので、必ずチェックしておきましょう。

早期割引のしくみ

早期割引とは何かといえば、保険が満期日を迎える前に、早めに次年度の契約をすることで割引が得られるというサービスのことです。
満期日の前に契約するというのがポイントで、会社によって期間は異なりますが、満期日の45日前や、2ヶ月前などの会社によって定められた期間があります。
その会社と引き続き契約を更新することが確実なら、わざわざ満期をまって更新するのではなく、その手前で次年度の契約をしたほうが割引が得られる分メリットがあります。
早期割引を利用するときは、割引率といつか更新が可能なのか期間をチェックすることが必要です。
特に早期割引の割引率は会社ごとに違うので、他社との比較も含めてよく確認しておく必要があります。
ちなみに、

この早期割引とインターネット割引を組み合わせることで、保険料をかなり安くすることができます。

早期割引以外の節約法

さて、安い保険会社の選び方としては、早期割引だけにとらわれてはいけません。
早期割引の割引率の条件が良かったとしても、もともとの保険料が高額なら、トータルでは損することになるからです。
よって、早期割引の有無や割引率をチェックしつつも、基本補償やその他の特約を見ながら、どこが保険料が安くなるかをトータルで判断しなければなりません。
保険会社の種類からいえば、代理店型と通販型を比べる場合、料金では通販型のほうが安くなります。
これは通販型は余分なコストがかかっていないため、そのコスト圧縮分を低料金に還元できるからです。
一方代理店型の場合は、事故対応がいいなどメリットもありますが、コストは通販型のように圧縮できないので、料金は高めとなります。
このようなわけで、

単純に料金だけを考えると、早期割引とインターネット割引を利用して、なおかつ通販型で契約すれば、費用負担をかなり抑えることができることが分かります。

新規加入や切り替えで安い保険に加入したいと思う方は、ぜひこれを参考にしてください。