ドライバー保険(自動車運転者損害賠償責任保険)とは | かんたん自動車保険ガイド






ドライバー保険(自動車運転者損害賠償責任保険)とは










自動車保険は、その車両に保険を掛けるというもので、基本的にご自身もしくは親族が車両を所有していて、その車両を運転する可能性がある場合に加入を検討するものです。
もしくは法人や事業主であれば、自分以外の社員や従業員など、該当車両を運転する可能性のある人間に対して保険を掛ける事もあるでしょう。

しかし、こういった場合以外でも、保険が必要な場合というのは存在します。
例えば友人グループと一緒に旅行や遊びに行く際には、グループの誰か一人の車両で一緒に出掛け、運転は代わる代わる行うなどというケースもあるでしょう。
他にもレンタカーで出かける際などでも、しっかりとした補償を掛けておきたいといった風に考える方もいらっしゃるでしょう。
こうしたニーズに応える形で存在している保険が、自動車運転者損害賠償責任保険と呼ばれる保険です。
別名、ドライバー保険と呼ばれる事もあるこの保険は、一体どういった内容の保険なのか、それをここで解説していきます。

保険の詳しい内容

この自動車運転者損害賠償責任保険は、自分で車両を所持していない方の為の自動車保険です。
もう少しわかりやすくご説明しますと、

  • 自分の車両は持っていないが、他人の自動車などを運転する様な機会がある方が、そうした車両の運転中の事故に関して補償を求める為の自動車保険となっています。
  • この自動車運転者損害賠償責任保険は、免許証を持っている方なら特に制限はなく、どなたでも加入する権利があります。
    この保険をどの保険会社が取り扱っているかに関しては、

    • インターネットの一括見積もりで探す事で非常にスムーズに検索する事が可能となっています。
    • 保険の主な補償の内容

      自動車運転者損害賠償責任保険の主な補償の内容としては、まず対人賠償保険があります。
      対人の事故は最もその損害賠償金も大きくなる可能性がある項目となっていますから、加入しておきたいというお考えを持つ方はたくさんいらっしゃるでしょう。
      そして次に対物の賠償保険です。
      この対物の事故は、大きな人身事故よりも金額は少なく済む場合が多いですが、軽傷の際の人身事故よりも賠償金も大きくなる可能性もありますし、起こる頻度としても少なくないので検討される方は多くいらっしゃいます。
      そしてこの

      対人賠償保険、対物賠償保険いずれに関しても、自動車運転者損害賠償責任保険では示談交渉を保険会社があなたに代わって行ってくれるという点は、この保険の人気の理由の一つとなっています。

      最後に搭乗者傷害保険に関しても、自動車運転者損害賠償責任保険で補償されている内容となっています。