特別危険保険料率適用予告通知とは | かんたん自動車保険ガイド






特別危険保険料率適用予告通知とは










特別危険保険料率適用予告通知とは、自動車保険の契約者に対して、通常ではなく大幅に保険料をアップしますよ、ということを通知するものです。一般的に保険料がアップするケースというのは、事故を起こしてしまって保険の適用をした時になります。

このケースでは翌年における自動車保険の等級がダウンすることで、保険料そのものがアップする面と、事故ありになるのでダウンした等級でもさらに割高な保険料になると考えてください。これが一般的な保険料のアップなのですが、それではおさまらないケースもあるのです。

特別危険保険料率適用予告通知はどんな場合に適用されるの?

自動車保険の節約を考えている人からすると、この特別危険保険料率適用予告通知は絶対に回避したいところでしょう。そこで特別危険保険料率適用予告通知が行われる行為について知っておいてください。

  • 基本的に特別危険保険料率適用予告通知が適用されるのは、重篤な犯罪行為を行った場合に限られます。では、重篤な犯罪行為とはなにかというと、飲酒運転をして事故を起こしてしまった、薬物や脱法ハーブなどを利用しての事故などが該当します。

また、無免許運転での事故などを複数回起こすなど、軽微な犯罪行為であっても何度も繰り返していると、特別危険保険料率適用予告通知が適用されるのです。つまり、一般的なドライバーからすると全く関係のない通知だと言って良いでしょう。

特別危険保険料率適用予告通知が適用される理由って?

自動車保険に限った話ではありませんが、保険というのは加入者の公平性を保たなくてはいけないものです。そもそも保険の仕組みとは、加入者で少しのお金を持ち寄って、何かあった時にはそのプールしておいたお金から支払おうというものになります。ですので、保険会社からすると重篤な犯罪行為を犯すような人間とは、かなりリスクが高い人物だと言えるのです。

その場合、通常の保険料アップだけでは、ペナルティが不足していると考えられます。そもそも自動車保険を適用した時に等級が下がったり、同じ等級でも割増が適用されるというのも、事故を起こした人とそうではない人の公平性を保つためです。公平性を保つという意味で、特別危険保険料率適用予告通知は仕方のないものだと言えるでしょう。

あからさまに誰かが得をするような保険では、加入者もいなくなってしまいます。そうしたことを防ぐ意味でも、重篤な犯罪行為をしたドライバーに対しては、特別危険保険料率適用予告通知というものが出されるのだと考えてください。