事故付随費用補償特約とは | かんたん自動車保険ガイド






事故付随費用補償特約とは










事故付随費用補償特約とは、

  • 車両保険の保険金が支払われて車が走行不能になった時に臨時宿泊費用や帰宅費用、搬送などの費用が補填される事
  • を言いまして、あくまでも旅行や遠出の時の事故で効果を発揮する特約です。もし遠出をしている時に事故にあったりしたら宿泊費用や車を搬送したりなど色々な手間がかかりますしお金も必要になるケースが多いです。
    だからこそ、事故付随費用補償特でそういう場合にかかるお金を補填してもらえるのは大変有り難い事です。

    • ただし事故付随費用補償特には限度額があり、搬送や引取費用でも10万円前後くらいと決められていますから、無限に補償されるという勘違いだけはしないようにして下さい。
    • いざという時に頼りになる事故付随費用補償特約

      自動車保険の特約には色々種類がありますが、事故付随費用補償特約はその中でもお世話になる頻度は低いと言えます。
      しかし、この特約が持つ効果はいざ適用される場面に遭遇すると大きなメリットを発揮します。車両トラブル緊急対応サービスなどはお世話になる頻度が高い代わりに大きなメリットや効果がある訳ではありませんし、サービスを受ける時にガソリン代などを自分が支払う必要があったりします。
      それに比べると事故付随費用補償特は限度額があるとは言え確実に費用が補償される魅力があります。また、臨時宿泊費用や帰宅費用、特に搬送や引取費用はかなり高額なお金がかかってしまいますが、その高額なお金に対しての補償が出るというのはとっても魅力的かつ経済的損失を最小限に抑えられるのです。

      事故付随費用補償特約のまとめ

      今回のまとめを致しますが、事故付随費用補償特とは事故を起こした時に宿泊費用、帰宅費用、搬送と引取費用に限度額までの補償が出る制度であり、特約を使う機会が訪れる可能性は低いけど、いざとなった時に発揮する効果は大きいという事です。
      保険会社によって補償される金額などは差がありますが、一つの事故で1名あたりに補償が出るのも魅力ですし、もし車をレジャー用として使っていて良く遠出するなら、事故付随費用補償特はなるべく自動車保険にセットで付けておきたい特約になります。
      逆に車を子供の送り迎えや近所にある会社への通勤用みたいに、例え交通事故を起こしても宿泊する必要性が生まれたり帰宅が困難になってしまうような事態にならないなら、無理して事故付随費用補償特をセットにする必要は無いでしょう。

      • 一般的に特約というのは自分の車の使い方によってメリットとデメリットの大小が異なり、その特約を使う機会が訪れる可能性も上下しますので、車の使用目的と照らし合わせて事故付随費用補償特に加入するかどうか決めて下さい。