自賠責保険が切れていた場合は、任意保険で補償されますか? | かんたん自動車保険ガイド






自賠責保険が切れていた場合は、任意保険で補償されますか?










自動車保険には自賠責保険と任意保険の2種類があります。

任意保険についての基礎知識

任意保険とは保険会社と契約をして加入する保険で、自賠責保険よりも補償額が大きいという特徴があります。
無制限タイプもあることから任意保険にさえ加入していれば自賠責保険は必要ないのでは?と考える方もいるようです。
ですがこれは間違いで、

自賠責保険が切れているとたとえ任意保険に加入していても大きな問題が発生します。

そもそも、任意保険は自賠責保険から支払われる金額では不足する部分をカバーするためのものです。
たとえば、死亡事故の場合被害者側に対して数億円規模の賠償金を支払うことになるケースも珍しくないのですが、自賠責保険の死亡事故の上限額は3,000万円です。
億単位の賠償金となればかなりの額が不足することになりますが、この不足分を任意保険で補うわけです。
任意保険の無制限というのは必要なお金を無制限に支払うということではありません。
あくまでも自賠責保険だけでは足りない分を補うのが任意保険だと考えなければいけません。
もし自賠責保険が切れていれば少なくとも自賠責保険分の3,000万円は自己負担で支払うことになります。
残りの不足分は任意保険で対応できますがそれでも3,000万円を自己負担するというのは非常に大きな負担となり、支払うことができないという方もかなりの数になるでしょう。

こうしたことから

自賠責保険は絶対に切れないようにする必要があります。

万が一の時に賠償金で困ることがないよう、自賠責保険、そして任意保険どちらにもしっかり加入しておくのが理想です。

自賠責保険の注意点

また、自賠責保険は加入が義務付けられています。
もし自賠責保険に加入していないと1年以下の懲役、または50万円以下の罰金を科せられますし、道路交通法違反になり一発で免許停止処分になります。
任意保険に入っているからという理由で自賠責保険が切れていてもいいというのは賠償金のことだけでなく法律的な意味でも問題があるわけです。

自賠責保険が切れているから任意保険も利用できない、というわけではありませんが任意保険にさえ加入していれば安心というわけでもないので気を付けましょう。
自賠責保険は加入しているのが当たり前で、切れないように更新することもまた当たり前のことです。
車を運転するドライバーの最低限の義務ですので自賠責保険が切れていないかどうかはよくチェックしましょう。
といっても

車検時に点検がされますので自分から自賠責保険を切らすようにでもしない限りは問題ありません。