車両保険はタイヤのパンクも対象になりますか? | かんたん自動車保険ガイド






車両保険はタイヤのパンクも対象になりますか?










車両保険に加入していると車両に損害を受けた時に補償を受けられるようになります。
車を運転していてもっとも可能性の高い車両の損害がタイヤのパンクと言えるのですが、実はタイヤのパンクには車両保険を使えないというのが一般的です。

ほぼすべての保険会社でタイヤのパンクには保険金が支払われませんので注意が必要です。

ただし、これには条件があります。

保険が支払われないケースとは?

タイヤに関しては火災・盗難による損害に関しては保険金が支払われることになっていますのでレアケースではありますが火災や盗難によってタイヤがパンクしたと認められれば保険金が支払われます。
とはいえこのようなことはまずありませんし、そもそも火災によってタイヤだけが損害を受けるということも考えにくい状況です。
こうしたことを考えると車両保険のタイヤに関する損害の補償はタイヤが盗まれてしまった時のためのものと言えるかもしれません。
パンクは自費で対応しなければいけないと考えておきましょう。

タイヤのパンクと同時に車両本体も損害を受けた場合となるとまた話が変わってきます。
タイヤ単独だと保険金が支払われないケースでも、車両本体も損害を受けていれば保険金が支払われることになるからです。
たとえば事故によって車両本体が損傷し、さらにタイヤもパンクしてしまった、こうしたケースならパンクも補償の対象となるわけです。
非常に複雑ですがタイヤ以外も損害を受けていれば大丈夫と大雑把に把握しておくのもいいでしょう。

タイヤは消耗品として考える

なぜタイヤ単独だと補償を受けにくいのか、これはタイヤが常に消耗される装備品だからです。
運転しているだけでも消耗していくものですからどうしても補償の対象として扱われにくいのです。
タイヤのパンクは身近な損害ですがだからこそ保険が利用しにくくなっているという仕組みです。

とはいえ、現在ではロードサービスが充実している保険会社も多く、保険金は支払われないにしてもパンク時にロードサービスを利用して保険会社に対応してもらえる可能性はあります。
ロードサービスが有料か無料か、24時間いつでも対応してくれるのかなどは保険会社によって違ってきますがもし加入している保険会社がロードサービスを行っているのであればパンク時はロードサービスを呼ぶようにしましょう。
その場でタイヤ交換をしてくれたりしますので被害を最小限に抑えることができます。

保険選びをする時はどうしても保険料を重視してしまいますがどれだけ細かなサービスをしてくれるか、この点も重要になってきます。