被害事故の場合でも先方との示談交渉は可能でしょうか? | かんたん自動車保険ガイド






被害事故の場合でも先方との示談交渉は可能でしょうか?










被害事故では保険会社は介入してくれない

事故の状況はさまざまで、時にはこちらにまったく過失のない事故が発生することもあります。
こうしたこちらの過失のない事故を被害事故、もらい事故などと呼んでいます。
相手側、つまり加害者側にすべての過失がありますのでこちらとしては受けた損害を賠償してもらいたいものですが、被害事故の場合では注意しなければならないことがあります。
それがこちらの保険会社は介入してくれない点で、つまり示談交渉において保険会社が間に入ってくれないのです。
一般的に事故の示談交渉は双方の保険会社が担当するのが普通ですがこれはそれぞれに過失がある場合で、被害事故のようにこちらに過失がない場合は保険会社も動いてくれないのです。
だからといって示談交渉ができないわけではありませんが、法律的な知識も少ない私達が直接保険会社と示談交渉するのはとても大変で、相手側の保険会社に誠意がなければ十分な補償を受けられない可能性も出てきます。
最悪の場合、相手側がこちらに責任はないと突っぱねてくることもありますので、こうなれば示談交渉を進めることは困難になるでしょう。
こちらに過失がないにも関わらず示談交渉がスムーズに進まないことで泣き寝入りというケースもあるのです。

被害事故では弁護士を頼る

こちらに過失がないと保険会社は介入してくれませんから、示談交渉を進めるうえでは専門家が頼りになります。
それが弁護士です。

弁護士に依頼をして示談交渉を代行してもらうことでスムーズに示談交渉を進めることが可能です。

法律の専門家で、裁判にも十分対応できますからある意味では保険会社のスタッフ以上に頼りになる存在と言えるでしょう。
ただ、保険会社と違い弁護士は依頼するにもお金がかかります。
示談交渉のために弁護士を雇うことで経済的に負担が生じることになってしまいます。

ただ、最近では自動車保険の特約の1つとして示談交渉において弁護士を雇った場合、その費用を補償してくれるものもあります。
この特約を付帯しておけば被害事故で弁護士に依頼をしてもその費用は保険会社が支払ってくれますので安心です。
保険会社によっては弁護士ではなく、被害事故でも保険会社のスタッフが示談交渉をしてくれる特約もあるようです。
どちらにせよ被害事故においてはとても役立つ特約です。

自動車保険というと示談交渉は保険会社がやってくれるものと考えてしまいがちですが、被害事故ではそうもいきませんので万が一の時のために特約を付帯しておくことが大切です。