なぜ、加害者は物損事故扱いにしようとするのでしょうか?

こちらの記事もどうぞ

このページへのコメント