事故を起こした際に契約している保険会社のロードサービスを使ってしまったんですが保険料は上がりますか? | かんたん自動車保険ガイド






事故を起こした際に契約している保険会社のロードサービスを使ってしまったんですが保険料は上がりますか?










一般的な自動車保険に加入するとほとんどの場合ロードサービスがセットで付いてきます。
バッテリーが上がってしまった時やタイヤがパンクしてしまった時、インキーでドアが開けられない時、事故で自走不能になってしまった時など車のトラブル時にはなにかと便利なロードサービスなのですが、ロードサービスを使うと翌年の等級が下がり保険料が高くなってしまうのか気になっている方も多いようです。

確かに保険を利用すると翌年の等級が下がり、結果として保険料が高くなります。
ですがロードサービスは厳密には保険商品ではなく保険会社がそれぞれで提供しているサービスですので使っても等級が下がることはありません。

ロードサービスと保険料変更は基本的には関係ない

つまりロードサービスに関して言えばいくら使っても保険料は上がらない仕組みです。

事故の際にロードサービスを利用したら保険料が高くなったという話がありますがこれは単純に事故で保険を使っているからで、ロードサービスは関係ありません。
事故を起こした場合でもロードサービスだけを使って保険は使わないのであれば当然ですが保険料は変わらないのです。
もし事故の程度がそれほどではなく修理費用も自己負担で支払えるならロードサービスだけを使って等級を下げないようにするのも1つの選択肢です。
保険会社もロードサービスだけを使ったからといって嫌な顔をするわけではないので遠慮なく使ってしまいましょう。

サービス内容の違いは事前に把握しておく

注意したい点としてはロードサービスの内容は各保険会社で違うことです。
保険商品は保険会社ごとの違いがそれほど大きくありませんが、ロードサービスは保険会社によって対応してくれる状況などが変わります。
事前にしっかり確認しておかないといざという時にロードサービスが役に立たないという可能性もあります。

  • 保険の加入時はどうしても補償の内容は保険料といった点に目が向いてしまいますがロードサービスも重要な点ですのでどんなサービスを受けられるのかを見ておきましょう。

  • ロードサービスの内容で保険会社を選ぶのは少し極端ですが、ほぼ同じ条件の保険会社があるならロードサービスの違いをチェックするのがおすすめです。

    ロードサービスは事故の時以外でもお世話になる可能性があり、その点では保険そのもの以上に利用する機会があると言えます。
    ロードサービスが充実しているとなにかと便利になりますので意外と大切です。
    保険料には影響しない部分ですので予算を問わず充実したロードサービスを付けられるようにしましょう。