もし飲酒運転で事故を起こした場合、保険はおりますか? | かんたん自動車保険ガイド






もし飲酒運転で事故を起こした場合、保険はおりますか?










被害者への補償は可能

絶対にあってはならないことですが、万が一飲酒運転で事故を起こしてしまった場合、保険の扱いはどうなるのでしょうか。

結論から言うと、被害者への賠償金の支払いなどは保険を利用することができます。

はな さん
飲酒運転でも保険は出るんですね。

出ないかと思ってました。


あかり さん
これは被害者救済という観点からの処置になっています。

飲酒運転だからと無条件で保険が利用できなくなれば、肝心の被害者が十分な補償を受けられない可能性が出てくるからです。

たとえば、飲酒運転による事故で被害者が大ケガをしてしまったとしましょう。

この時対人賠償保険が利用できないとなれば被害者への賠償金は自己負担になってしまいます。

支払うことができるなら問題ありませんが、もし支払うことができなければ1番損をするのは被害者です。

悪質な飲酒運転で損害受け、なおかつ必要な補償さえ受けられない、これでは被害者がまったく救済されませんからたとえ飲酒運転であっても被害者への補償はできるようになっています。

ですが、だからといって保険に入っていれば安心というわけではありません。

自分に対する保険は使えない

飲酒運転による事故で損害を受けるのは被害者だけではありません。

自分自身もケガをしたり、車が損害を受ける可能性があります。

はな さん
飲酒運転による事故で自分自身がケガをした場合や車に損害が出た場合に保険は使えますか?

あかり さん
一般的な事故では自分が受けた損害も保険を使って補償してもらうわけですが、飲酒運転の場合は免責事由によって保険が使えません。

どんなに大ケガをしても、どんなに車が壊れてしまってもそれにかかる治療費や修理費は保険を使わずに自己負担で支払う必要があるのです。

事故の程度によっては多額のお金が必要になる可能性もあり、もしかしたら支払うことができないほどの額かもしれません。

当事者にとっては非常に困る事態になるわけですが、法律で禁じられた飲酒運転をしたわけですから保険会社も厳しい対応をしてきます。

そもそも、飲酒運転は道路交通法で禁じられていますから立派な犯罪です。

保険を使えないだけでなく、免許の取消や罰金刑、懲役刑がくだされる可能性も出てきますし、ちょっとした油断で人生が大きく変わるリスクもあるのです。

保険が一部使えなくなる、法律違反である、この2点を考えても飲酒運転は絶対にするべきではありません。

どんな理由があってもお酒を飲んだなら車は運転しない、車を運転するならお酒は飲まない、これを徹底する必要があります。

飲酒運転での事故は死亡事故に発展するケースも多く、被害者にも甚大な損害を与えますので自分のためにも、そして周りの人のためにも飲酒運転をしないことが大前提です。

はな さん
自分が飲酒運転をしないことはもちろん、周りの人にも飲酒運転させないようにします。