車のドアで指を挟んでしまったんですけど保険は適用されますか? | かんたん自動車保険ガイド






車のドアで指を挟んでしまったんですけど保険は適用されますか?










大人になるとドアに指を挟んで怪我をするということも少なくなりますが、子どもの場合は注意していても挟んでしまうものです。

特に車のドアの場合ですと、重さもあるので子どもの指なら骨折をしてもおかしくありません。

はな さん
子供が車のドアを閉める際に指を挟んでケガをしてしまったんですけど、任意保険は使えますか?

あかり さん
それは、かわいそうでしたね……

以下にて車のドアで指を挟んでケガをした時に、任意保険を利用することができるのかについて解説しています。

ご確認下さい。

車のドアで指を挟んでも任意保険は使えるの?

結論から書いてしまうと、任意保険なら加入している保険によっては、補償の範囲となるケースもあります。

自動車保険には自賠責保険と任意保険の2つがあるのですが、この内、自賠責保険は事故の被害者のためにしか使うことはできません。

しかし、任意保険の場合は、自分のために使える保険もあるので、問題なく使うことができることもあります。

ただし、保険料の節約のために補償範囲を狭くしていたりすると、その限りではありません。

はな さん
具体的にはどんな保険になりますか?

あかり さん
実際にどの保険が該当するのかというと、人身傷害保険もしくは搭乗者傷害保険が代表的です。

基本的に車のドアで指を挟むというケースですと、傷害保険が対応します。

また、特約などによっては別の任意保険で対応できるケースもあるかもしれません。

はな さん
人身傷害保険はどういった保険ですか?

あかり さん
人身傷害保険は契約者やその同居する家族が交通事故にあった時、過失などに関係なく保険金がおりるというものです。

非常に広い補償範囲を誇っており、自分の車に搭乗している時だけではなく、他人の車であったり、徒歩や自転車に乗っている時であっても補償してくれます。

はな さん
もう1つの搭乗者傷害保険はどういった保険ですか?

あかり さん
人身傷害保険と同じ様な保険になります。

搭乗者傷害保険では、保険契約者や同乗者が事故で怪我をしたり、死亡した場合に過失に関係なく補償を受けられます。

人身傷害保険との違いとしては、保険金の支払い方法であったりするのですが、最近では搭乗者傷害保険の取り扱いはなく、人身傷害保険のみを扱う保険会社も増えてきているようです。

車のドアで指を挟むというのは、基本的に車に乗ろうとした時に起きた怪我だと考えることができます。

この場合は人身傷害保険、搭乗者傷害保険のいずれであっても対応することができます。

  • 人身傷害保険、搭乗者傷害保険は車に備え付けられている装置を使用するとき、または操作するときに起きた事故でも補償の範囲内としているので覚えておいてください。

人身傷害保険や搭乗者傷害保険を使って等級はどうなる?

自動車保険の等級制度が改定されたことで、等級すえおき事故というものがなくなり、1等級ダウン事故という形になりました。

このことからどんなケースであっても自動車保険を利用すると、等級がダウンすると勘違いしている人も少なくありません。

はな さん
人身傷害保険や搭乗者傷害保険を使った場合に等級は下がってしまうのでしょうか?

あかり さん
基本的に自動車に乗っていた人が怪我を負って、その補償を請求するのは自動車事故とはみなされないので、保険適用にはカウントされないのです。

つまり、等級のダウンはありません。