飲酒運転で単独事故を起こしてしまったんですけど車両保険はでますか? | かんたん自動車保険ガイド






飲酒運転で単独事故を起こしてしまったんですけど車両保険はでますか?










交通事故と一言で言っても様々で、中には自分と自分の車だけが損害を受ける事故、いわゆる単独事故もあります。

単独事故の際にお酒を飲んでいた場合、つまり飲酒運転をしていた時に車両保険は出るのでしょうか?

飲酒運転の場合はもちろん出ません

はな さん
飲酒運転で単独事故を起こしてしまった場合に、車両保険は出ますか?

あかり さん
飲酒運転時の単独事故は車両保険は出ません。

保険を使うことができませんので車が破損してしまった際の修理費用はすべて自己負担しなければなりません。

これではせっかく自動車保険に加入していても意味が無いと思われるかもしれませんが、飲酒運転は道路交通法違反に該当し、立派な犯罪だと言えます。

自動車保険の保険金は事故の際に無条件で保険金を受け取れるというものではなく、保険金の支払われる条件が定められているのですが飲酒運転はその条件を満たせないのです。

車の破損状態によってはかなりの費用がかかってしまいますが保険金が出ることはありませんので気を付けましょう。

また、車両保険だけでなく搭乗者傷害保険や自損事故保険などの自分、もしくは自分の車にかけることになる保険はすべて使うことができません。

はな さん
飲酒運転時の事故で使える保険はありますか?

あかり さん
飲酒運転時の事故で使うことができる保険は自賠責保険や対人賠償保険、対物賠償保険などの他人を救済するための保険のみとなっています。

飲酒運転をしている以上、自分の受けた損害は自分の責任で対応しなければいけないと言えます。

飲酒運転は違法行為と認識すること

はな さん
飲酒運転時の単独事故でも対応してくれる保険会社はありますか?

あかり さん
保険の扱いについては各保険会社でも違いますがこの点に関してはすべての保険会社で共通しています。

なのでどの保険会社の保険に加入していても飲酒運転での単独事故で保険金が出ることは絶対にありません。

飲酒運転は事故のリスクを大幅に高め、他人を傷つける可能性がありますので絶対にするべきではありませんが、さらに自分自身を守るためにもやはりしてはいけない行為です。

はな さん
飲酒運転で事故を起こしても、自分の事は守ってくれないってことですね。

飲酒運転は絶対にしないようにします。


あかり さん
そうですね。

軽い気持ちで飲酒運転をして事故を起こしてしまえば少なくとも自分の受けた損害は補償されませんのでこのことを強く意識する必要があります。

自動車保険というのは原則として運転者が道路交通法を守り、さらに保険会社が定めるルールも守っている場合にのみ保険金が支払われるようになっています。

飲酒運転はそのどちらにも違反することになりますので保険金が支払われる可能性は0だと言えるでしょう。

万が一の時に自分自身が困ることになりますので日頃から飲酒運転をすることがないようにしましょう。

事故を起こさなければ大丈夫、そんな気持ちが油断を招き結果的に大きな損害を受けることになります。