損害賠償金が高くなるケースとは | かんたん自動車保険ガイド






損害賠償金が高くなるケースとは











もしも任意保険に加入する時に、対人賠償責任保険の保険の金額に制限はありません。
なぜなら人身事故で発生する保険の金額というものは、事故に遭った人の収入であったり、年齢に応じて違いが出てくるためなのです。
そのようなことから、事故に遭った人によっては、保険金が相当な高額となる場合もあります。

車を運転している方の中には、任意保険に加入していない方も多いでしょう。
ですが、もしもの際に自分自身が人身事故を起こした当事者となってしまった時に、一生働いてもまかないきれない程高額の損害賠償金を求められる可能性もあるのです。

これまでの人身事故の高額の判例


上図をご覧頂ければ分かる通り、人身事故による「全ての損額の合計」が、3億円を上回ったケースは多く見受けられます。
この損害額の算出は、被害者が事故に遭わずに人生を全うした際にどれだけの利益を得ることができたかという事や(逸失利益)、慰謝料を合わせた価格が主な内訳となっています。
その為、年齢が低い方ほどこの額は大きなものとなるのです。

自賠責保険によって賄われる保険の金額の上限は、後遺障害の場合は4千万円まで、死亡した際は3千万円までとなっています。
よって、もし加害者が任意保険に加入していない場合については、損害額を加害者自身が負担しなければならないのです。

なぜ後遺障害の方が死亡よりも高額?


上記の自賠責保険でカバーできる保険金額の上限を見て、「後遺障害」のほうが高額である事に疑問を感じた方もいるかもしれません。
上図の「高額判一覧」をチェックしてみても、後遺障害のケースの方が明らかに多いのです。
何故、後遺障害の方が保険金額が高額になるのかについて解説していきましょう。

後遺障害のケースで保険金が高くなる場合というのは、「重度の後遺障害」の場合なのです。
では下記で重度の後遺障害について紹介していきましょう。

・両目の視力を完全に失った
・脚を「膝関節」より上の位置で失った
・腕を「肘関節」より上の位置で失った
・身体の顕著な障害によって、死ぬまで自ら用を足すことができなくなってしまった
・租借機能、もしくは言語機能を完全に失ってしまった

以上が、「重度後遺障害」の一部の例となります。
後遺障害も重度のものとなると、その障害と死ぬまで付き合っていかなければならなくなってしまいます。
ですので、ある意味では命を落とす以上の辛い状況であるとも言えるのです。

付け加えるなら、もしも被害者が若年齢層であった場合は、それから何十年もの間、その重い障害を抱え続けたまま生きる事を余儀なくされてしまいます。
勿論のこと、生活費についても健常者以上に多額となりますし、肉体面、そして精神面の苦しみも堪え難いものとなってしまいます。

このような事の他にも、被害者の家族であったり介護者の苦労を酌量してみれば、事故での重度後遺障害に対して支払われる金額が死亡のケースを上回る場合が多いのもうなずける、と言えるのかもしれません。