人身事故を起こした場合にその現場でやらなければならないこと(加害者の場合) | かんたん自動車保険ガイド






人身事故を起こした場合にその現場でやらなければならないこと(加害者の場合)










「交通事故には遭いたくない」
きっと誰もがそう思うことでしょう。ただ、車を運転している人の場合は全く運転しない人に比べ、交通事故に遭遇する可能性は高くなります。また、被害者にも加害者にもなりうります。

交通事故に遭遇しないのが理想ですが、遭遇してしまった場合、ケガ等の影響で被害者になるのは、当然、不幸なことですが、大きな事故になればなるほど加害者にとって、その後の人生において非常に大きく、暗い影を落としかねません。もし、あなたが交通事故の加害者になってしまった場合は、被害者に対してしっかりと誠意をみせ、なおかつ損害賠償を行うようにしましょう。

加害者になってしまったらやるべきこと



交通事故後、真っ先にやらなければならないこととして負傷者がいる場合は直ちに応急処置などの救護に当たるようにすることです。すぐにでも病院に行く必要に迫られている場合は119番に通報します。事故を起こした相手の救護だけではなく、自分の車に乗っておた同乗者がケガをしている場合はそちらの救護も必要です。

安全な場所へ車を停止させ、必要に応じて発煙筒、三角停止板の設置、ハザードランプを点灯する等、後続車に対して事故が起きていることを知らせます。
交通の妨げになっているにも関わらず、車の損傷が激しく、車を安全な場所に移動することができない場合は事故の当事者や目撃者の力を借りて車を安全な場所に移動します。どうしても動かせない場合は後続車が突っ込むことがないように誘導するようにしましょう。

交通事故の大小は問わず、警察へ交通事故の届出はしなければなりません。警察による実況見分は被害者と加害者の双方から話を聞き、検証されていきます。もし、負傷者がいたにも関わらず、救護を怠っていたり、また、後続車に事故を知らせることを怠っていたりした場合は、救護義務違反や措置義務違反に問われる可能性があるので、事故が起きた場合にいかに冷静に行動できるかが重要です。

交通事故を起こした直後は気が動転してしまい、電話番号が思い出せないかもしれませんが、110番に通報しても負傷者がいる旨を伝えることで救急車が手配され、交通事故の場合は119番に通報しても警察に連絡がいくようになっているので、どちらかに電話すれば問題ありません。

事故車の移動について

事故車の移動に関して、動かした方がいいのか、動かさない方がいいのかという疑問に対してはケースバイケースと言えます。上記のとおり、後続車が突っ込んだりして二次災害の危険があるようでしたら、速やかに移動するべきだと言えますが、あまり、車の通りが激しくなく、通行の妨げにならないような場所でしたら動かさずに、そのままにしておき、警察の判断を仰ぐようにするといいでしょう。
というのも、車を動かしたことにより、後々、過失割合等でトラブルになる可能性があるからです。

車を動かさざるを得ないときは、事故直後のお互いの車の位置などその状態を写真などで保存しておく事で後々、トラブルに発展する可能性は減ります。

加入している保険会社に連絡

交通事故が起きてしまったら、自身が加入している保険会社に連絡をします。報告することで後々、保険金を受け取ることができます。報告する際は保険会社による示談交渉がスムーズにいくように事故状況や事故後の状態などを詳しく保険会社に話すようにしましょう。

保険会社に交通事故現場から連絡することで、担当者が事故現場に来る事はありませんが、任意保険についているサービスの中にロードサービスがあるのなら、事故により動けなくなってしまった車の移動等で非常に役に立ちます。

注意すべき点として保険金の請求は交通事故発生から60日間以内にしなければいけません。また、保険金を請求するには交通事故証明書が必要であるため、通常は事故後、何日間か経ってから行います。

事故が起きてしまったら、加入している保険会社に事故の様子を詳しく報告し、交通事故証明書などの必要となる書類がそろい次第、保険金の請求をするのが一般的です。

目撃者の確認と交通事故現場の証拠保全

重要なポイントとして交通事故現場の状態を写真などでしっかりと保存しておくことが挙げられます。というのも後々になって、事故の当事者同士で食い違いが起きないようにする為です。

もし、目撃者がいる場合には、あらかじめ連絡先等を聞いておくといいでしょう。聞いておくことで実況見分の時に協力を得ることができるかもしれませんし、証人になってくれる可能性があります。
警察が来るまでの間、目撃者の方が時間がなくて待つことができない場合は、警察に連絡先を教えてもいいかの確認を取っておくようにしましょう。そうすることで、後々、警察から目撃者の方に連絡がいくようになります。

交通事故の被害者になってしまった場合の目撃者の証言や交通事故現場の証拠保全は非常に重要になります。ただ、場合によっては加害者になってしまった場合でも目撃者の証言で交通事故の真実がわかることもあるので、どちらにせよ、重要と言えます。