運転免許証の色と有効期間 | かんたん自動車保険ガイド






運転免許証の色と有効期間










自動車保険は運転免許証の色の違いによって割安サービスが受けることが出来る場合もあるということも理解してください。

ゴールド免許なら10%ほどの割引サービスを受けられる

 
ゴールド免許を持っていれば5%から10%もの割引サービスを受けることも出来ます。
ゴールド免許は、免許を更新した日以前過去5年間無事故無違反対象者である必要があり、実際にペーパードライバーなら難なく取得出来るものではありますが、車を常時利用する人たちは、シートベルトの違反などでも簡単に切符が切られてしまうので注意をしてください。

基本運転免許証には色があり、運転免許証取得時から3年間は運転免許証の色はグリーンです。更新してブルーになり、そして5年以上無事故無違反でゴールドとなります。

ゴールド免許所有者は自動車事故を起こすリスクが低い

 
保険会社が運転免許証の色によってサービスの内容を変えている理由は、もちろんリスクの問題であり、ブルーの運転免許証の人よりも、ゴールド免許の人の方が自動車事故のリスクが低いことは間違いがありません。
実際にゴールド免許で何が得になるのかという話しですが、まずゴールド免許を持っていることによって、保険会社によって違いはあるものの自動車保険の任意保険がいくらか割引されることになり、1割程度割引を行ってくれるケースもあります。 更にゴールド免許でのメリットを追求すれば、ホテル、レストラン、テーマパークにおいてもゴールド免許を提示することによって割引サービスを受けることが出来る場合があるのですが、実際にそのようなサービスが存在していることを知らないと言う人も多くいるようです。
ゴールド免許を持っているとちょっと人に見せて自慢をしたくなるのも、ゴールドを持つメリットと言えるものであり、更新の時などビデオ講習がある訳ですが、その時も時間短縮があり、ゴールド免許の人にはこれ以上何も教習することもないと言うことで30分ほどで終了してしまうことも大きなメリットなのではないでしょうか。
ゴールド免許で自動車保険が1割程度割引されると言うことを実際にまだまだ知らないと言う人たちも多いようですが、出来る限り安く自動車保険の支払いをするモチベーションはとても大事なので、今後は自動車保険を安くするために、一生懸命ゴールド免許取得者となるために頑張るというのも方法です。

ゴールド免許の一番のメリットとは今まで無事故で、日常生活に何ら支障をきたさなかったということが一番なのではないでしょうか。