付けておいた方がいいと言われる対物超過修理費用補償特約について | かんたん自動車保険ガイド






付けておいた方がいいと言われる対物超過修理費用補償特約について










付けておいた方が言いと言われる対物超過修理費用補償特約について、簡単な説明とメリットから紹介しましょう。まず対物超過修理費用補償特約を対物賠償保険に付帯させると、いざ事故で相手の車に損害を与えた時に強い味方になります。

もし事故で相手の車に損害を与え、修理代が車の時価を超えていた時は対物超過修理費用補償特約があればその差額を過失の割合によって補償されます。とにかく対物超過修理費用補償特約さえ付けておけば、万が一相手の車に損害を与えても補償が効くのがメリットです。

次にデメリットの説明をしますが、対物超過修理費用補償特約は賠償責任の無い車の時価の差額分の支払いをスムーズに終わらせ、自分の保険で修理費を負担するものです。この特約を付けるだけで事故を起こした時に、自分とは全く関係のない所が勝手に修理費を負担してくれる、という上手い話なら付帯した方が良いでしょう。ですから、

  • 対物超過修理費用補償特約は自分の保険から車の時価という本来払う必要の無いお金を支払うのがデメリットとなります。
  • 対物超過修理費用補償特約は本当にお得なの?

    もし車の修理費が20万円だったら、自分が支払うのは当然20万円と考えられます。そして車の時価が10万円の場合、対物賠償保険から支払われるのは時価の10万円であり、特約を付帯している時に限り差額の10万円も支払われます。つまり特約が無ければ時価の10万円しか支払われないという事で、言い換えると結局は特約が付いた保険から自分で残りの10万円を負担する事には変わりありません。

    対物賠償保険だけだと時価の分しか支払われないので、今回の例だと修理費20万円から時価の10万円だけが補償され、残りの10万円は自腹という事になります。これが最大の問題で、大抵の場合は保険で足りなかった分の支払いをどうするかで当事者たちは揉めてしまうのです。でも対物超過修理費用補償特約があれば差額(対物賠償保険だけでは足りない分)も支払われるから、揉める事なく示談がスムーズに進む訳です。かと言って結局は現金だろうと保険だろうと自分から全額払うという意味に変わりはないので、対物超過修理費用補償特約は必ずしも必要になる特約とは言えません。

    対物超過修理費用補償特約は必要不可欠な特約ではない

    • 対物超過修理費用補償特約が持つ本当の意味は何か、それは補償目的というよりかは示談をスムーズに終わらせる事にあります。
    • それを考えると、示談をスムーズに終わらせるのに役立つ特約をわざわざ付けるというのはナンセンス、と言う考え方も間違ってはいません。しかしいざ交通事故を起こして相手の車に損害を与えた時は、対物超過修理費用補償特約が役立つメリットは確かにあるので、この点を考えて付帯するかどうか決めましょう。