無駄な特約などを省いたリーズナブルな自動車保険 | かんたん自動車保険ガイド






無駄な特約などを省いたリーズナブルな自動車保険










自動車保険を安くするには ムダな特約を省くべきか?

自動車保険の節約を考えた時、絶対にしておきたいのがムダな特約などを省くようにすることです。
基本的に自動車保険では、リスクが高くなればなるほど保険料が高くなる仕組みとなっています。
リスクの高さとは、補償内容で言い換えると、補償となる対象の広さのことになります。
つまり、自動車保険の保険料を節約したいのなら、補償をせばめておくべきだと言えるでしょう。

ただし、何でも良いからともかく補償を最低限にすれば良いというものではいけません。
自分自身の利用状況や利用方法などにあわせて、必要な保険は保険できちんとつけるようにしておき、自分にとって不要な保険や特約に関してはつけないようにしておくと良いです。

特約を省いていく時のポイントですが、ともかく不必要なものはつけないようにすることが重要になります。
特約をつけるとお得になるのではと思って、ともかく特約を契約してしまう人もいるようですが、自分にとって必要なもの、不必要なものをきちんと分けて考えておくと良いでしょう。

次に、重複するような補償をつけないようにすることも大切です。
補償内容が重複するような特約をつけていると、とても損をしてしまいます。
何故なら内容が同じだからといって、2倍の保険金が支払われる訳ではないからです。
適用されるのは原則として1つだけなので、ムダな特約による補償は行わないようにして下さい。

最近では自動車保険も自分でカスタマイズをして加入するダイレクト型保険の方が主流となっています。
保険料を節約したい人には、ダイレクト型保険はとてもお勧めなのですが、その分ある程度は保険の知識が必要になってくるのは忘れないようにして下さい。
自分の勉強不足から勘違いしてしまって、特約を外してしまうことも珍しい話ではありません。
そうしたことが起こりうるのもダイレクト型保険の特徴なのかもしれませんが、保険料を大幅に節約できたり、自分自身で完全にカスタマイズできる補償内容や特約は少し知識を蓄えておけば、かなり有効活用することができます。