自動車保険の見直しのポイント | かんたん自動車保険ガイド






自動車保険の見直しのポイント










自動車保険は、一度入ってしまったらそれで終わり、という訳ではありません。
あなたの身の回りの環境も変われば、ご家族の環境も日々変わっていく中で、車との付き合い方や接し方も変わってくるかと思います。
そうして車との状況に変化が起こっていけば、保険に関してもこれまで最適だと思っていた内容は、既にそうではなくなっているという可能性は十分にあります。

ターニングポイントには何がある?

そのターニングポイントというのは多く存在し、あなたの転職はもちろんの事、扶養者の転職などで変化があるかもしれません。
それ以外にも、両親と一緒に住むことになったり、逆に家を出るという場合にも車に関わる環境は大きく変わりますし、子供が大きくなって免許を取得したりすれば、それも大きく変わる事になります。
また、車自体によっても変化はあるでしょう。
例えば契約した時には新車で、大切にしたいという気持ちが強くても、何年も乗っていればそうした気持ちもなくなりますし、実際に価値も落ちているからです。
その逆も然りで、新車に乗り換えた場合には、保険の内容も今までより手厚くしたいと考えるのが普通の事でしょう。

こうした、

車との関わり方が変化するタイミングにおいては、自動車保険の見直しを考えるべきでしょう。

契約期間がありますから、特に車両が変わった、などと言った場合以外には、直近の契約満了のタイミングを選択するべきではありますが、以前の契約の際と、あなたやあなたの家族の環境はどう変化したのか、これをしっかりと分析する事が大切です。
そして、今までに無かった補償で加えたい事や、逆に今まで入っていたけれど、必要ないと感じる補償を免責によって除外し、その分保険料を安くするといった事を行い、保険を最適化する事で、保険料を安くしたり、有意義なものにする事が出来ます。

ダイレクト型に変えるのが良い?

また、条件を変えるだけでなく、これまで代理店型の保険会社で保険を契約していたなら、ダイレクト型の保険にこれを見直す事で、条件はほとんど同じままに、これまでよりも保険料を大幅に安くする事も可能です。
この場合には、インターネットでダイレクト型の自動車保険の一括見積もりを行う事が可能ですから、比較検討が非常に容易に行う事が出来ます。

まずはあなたの見直し後の理想の保険内容でインターネットから一括見積もりを行ってみて、現在加入中の保険と保険料に大きな開きがある様なら、満了のタイミングで他社のダイレクト型の保険に切り替える事で、内容も価格も賢く見直す事が出来ます。