自動車の維持費を節約するには | かんたん自動車保険ガイド






自動車の維持費を節約するには










自動車の維持費は様々掛かるもので、費用を圧縮し節約するためにはやるべき事が多くあります。

車に掛かる維持費の項目

そもそも車を保有する中ではどのような費用が掛かるのでしょうか。

まず年間の費用で最も大きい金額になるのは燃料代で、ガソリン価格はその時々で変化しますので、高額になることもしばしばあります。
燃料代についてはそれぞれのご家庭で大きく異なりますが、一般的な平均値として1か月あたり1万3千円ほどとされており、年間ではおよそ15万6千円ほどの出費と大きく膨らみます。このあたりについては単価が安いセルフスタンドを利用したり、スタンドの会員になったり、またプリペイドカードを利用することでも安く抑えることができます。

続いて2年に1度の車検に関わる費用も家計への負担は大きく、車種によっても異なりますが法定費用だけでも中型乗用車を例に挙げるとおよそ5万~6万円ほどが掛かります。この法定費用については自動車重量税・自賠責保険料・自動車検査登録印紙代などが含まれており、いずれも費用を抑えることはできません。

また車検ではこれに加えて車検代行業者に点検・整備費用を支払うことになるのですが、この点についてはそれぞれの業者により価格設定には違いがありますので、
あらかじめ見積もりを取り比較しておくと良いでしょう。

なお車検に出す場合には事前にタイヤなど交換が必要になる部分についてもあらかじめチェックしておきましょう。車検代行業者に車を引き渡した後でタイヤ交換が必要になった場合、大抵は一般的な価格帯のタイヤが提示されます。

一方で事前にネットショップなどで格安タイヤを探しておき格安業者で交換しておけば工賃を含めても安く収まりますので、それ以外にもオイルや冷却水なども含め自分で交換できる部分は確認しておくと良いでしょう。

また車の維持費用節約する上で王道になるのは自動車保険の見直しで、特に代理店型から通販型の保険に変更した場合には大幅な保険料の圧縮を実現することができます。

  • 国内では車を購入する際にその場で保険契約をする代理店型が多くを占めているのですが、一方でインターネットを介して自分自身で保険会社を探して契約する通販型の場合は、代理店を通さないことから中間マージンが無く、安い費用になるのです。

こうした通販型の保険はインターネットの一括見積もりサービスを利用することで幅広く比較することができますので、より大きな保険料お節約に繋げることができます。