盗難されやすい車について | かんたん自動車保険ガイド






盗難されやすい車について










最近、自動車保険の主流になっているのが、リスク細分型というスタイルです。

はな さん
リスク細分型とはどんなタイプの保険何ですか?

あかり さん
リスク細分型とは、被保険対象車両となる車やドライバーがどれだけ事故を起こしやすいのかなどのリスクを決めて、保険料が上下するタイプのものだと考えてください。

様々な部分でリスクは細分化されているのですが、車両保険に加入するのであれば、盗難に遭いやすい車かどうかも重要です。

はな さん
盗難に遭いやすいかどうかですか?

あかり さん
当然の話ですが、盗難件数の多い車というのは、それだけ保険会社にとってもリスクが高い車となるので、保険料も割高になってしまいます。

ここでは盗難されやすい車について考えてみましょう。

盗んだ車ってどうなるの?

はな さん
盗まれた車はどうなってしまうんですか?

あかり さん
国外に持ち出されるケースが多いです。

基本的に自動車というのは非常に細かい部分まで管理されています。車体番号などが刻まれていますので、そうそう盗難された車というのは日本国内でさばくことはできません。そこで海外へと密輸されるのが定番なのですが、近年では税関などでも審査が厳しくなっており、以前よりは犯罪が起こるリスクは減ったと言えます。

しかし、書類を偽造するなどの方法で国外へと持ちだされてしまうケースも多く、完全に撲滅されることはないでしょう。つまり、日本国内で盗難された車とは、ほぼ海外で転売されていると考えることができます。結果、盗難される車にも偏りができてしまうのです。

盗難されやすい車ってあるの?

はな さん
盗難されやすい車は何ですか?

あかり さん
ハイエース、プリウス、ランドクルーザーの盗難件数が多いです。

基本的に日本の車というのは海外でも高い人気を誇っています。ここで先ほど書いたことを思い出して欲しいのですが、海外での需要が高い車ほど盗難されやすいというものです。昔も今も盗難されやすいと言えるのが、トヨタの販売しているハイエースです。

商用車として使われるほど頑丈な車であり、日本だけではなく世界的に見ても良く使われている車なだけに、毎年のように盗難されやすい車の上位にいます。それだけにハイエースのオーナーになるのなら、厳重な管理が必要でしょう。また、ハイエース人気のせいなのかワンボックス系の車も総じて盗難されやすい傾向にあるので注意してください。

他にも盗難されやすいのが、ハイブリッドカーと呼ばれるものです。中でもその代表格であるプリウスはかなり盗難件数が高くなっているので注意しておきましょう。

もう1つ代表的なのがRV車です。

RV車の中でも盗難されやすいのが、トヨタのランドクルーザーでしょう。特に海外では高い人気を誇っているだけに、日本国内での盗難件数はかなり高いです。

はな さん
これらの盗難されやすい車の車両保険はかなり高くなってしまうんですか?

あかり さん
割高にはなってしまいますが、会社によって保険料は違ってきます。

自動車保険一括見積もりサービスを活用すれば、どこの保険会社が一番安いかわかるので、少しでも保険料を抑えたいならご利用になることをおすすめします。