自動車保険の保険料を決める要素について






自動車保険の保険料を決める要素










自動車保険の保険料はどのように決まるのか

自動車保険を節約する、または初めて加入する時になるべく保険料を安くしたいという人も多いでしょう。
そうした時に、自動車保険とはどのように保険料が決まっているのかを知っておくと、節約もしやすくなります。

そもそも自動車保険とは、多くの人が少しずつお金を出し合うことによって、事故にあった人助けるという相互補助から成り立っているものです。
しかし、自動車保険の場合ですと、加入者が乗っている車、利用条件はバラバラです。

例えばですが、3ナンバーのセダンに乗っている人もいれば、軽自動車に乗っている人もいますし、通勤で毎日車を運転する人、休日に買い物に行くくらいしか運転しない人、などなど様様だと言えます。
ですので、同じ自動車保険であっても、乗っている車の車種、利用条件によって大きく保険料が異なってくる仕組みとなっているのです。
ちなみに極端な例を出すと、軽自動車と外車のスポーツカーではどちらが保険料が高くなるのかは明白ですよね。
スポーツカーの場合、事故を起こしてしまった時に人や物などに与える損害が大きくなってしまい、保険会社からするとリスクの高い車だと判断されるからです。

他にも様様な要素があるのですが、基本的に7つのポイントを抑えておくと良いですね。
1つは先ほどもあげた自動車の車種や使用目的、使用する頻度、年間の走行距離などになります。
さらには車両保険なで使われる型式ごとに定められた料率クラスがあり、新車であるのかどうか、保険金額の上限設定や免責金額、運転者の年齢、ノンフリート等級、運転者限定、といったことで基本的な料金が決まります。
そこから保険会社独自の基準によって、リスクの多寡で割引が用いられていき、最終的な保険料が決定されるので覚えておくと良いですね。

近年ではリスク細分型と呼ばれる保険料率の設定が浸透してきたこともあり、保険料の高い、安いを決めるには様様なデータが用いられています。
そして、事故を起こすリスクが低いと判断されればされるほど、保険料が割引されるようになっていることもあわせて覚えておきましょう。