エコカー減税について | かんたん自動車保険ガイド






エコカー減税について










エコカーだと税金が安くなる

地球の環境に配慮したエコカーもかなり普及し始め、今では珍しいものではなくなりました。
そもそもエコカーは環境問題の対策の1つとして開発されたもので、そのことを考えるといかに普及させるかが重要なポイントになっています。
そこで国ではエコカーを購入した方には税金の面でメリットがあるようにしています。
それがエコカー減税と呼ばれる仕組みです。
エコカー減税は国土交通省が定めた排出ガスと燃費の基準をクリアした車に対する優遇措置で、対象となる新車を購入した場合には自動車取得税と自動車重量税が減税されます。
さらに翌年の自動車税も減税の対象になります。
その分新車を安く購入できることになりますから、ドライバーとしても非常に嬉しい措置です。

  • つまり税金を安くすることでエコカーを購入してもらい、より地球環境に優しい車を普及させていこうというわけです。
  • このエコカー減税の対象となる車は電気自動車や燃料電池自動車、ブラグインハイブリッド車、クリーンディーゼル車、天然ガス車などで、これらの車であれば国土交通省の定めた基準をクリアすることができます。
    できるだけ費用を抑えて新車を手に入れたい、そういう方にはおすすめの車だと言えるでしょう。

    保険の面でもメリットが

    エコカー減税は購入時に税金が安くなるだけではなく、自動車保険の加入においてもメリットがあります。
    それが保険料の割引です。
    上記で紹介したエコカーの場合、自動車保険加入時にエコカー割引を利用することができます。

    • 一般的には保険料が3%ほど引かれることになります。
    • 通常、保険料というのは事故のリスクによって額が違い、事故のリスクが少ないほど保険料も安くなっていく仕組みになっています。
      エコカーに乗っていれば事故のリスクが低くなるというわけではありませんので、その意味ではかなり特殊な割引制度と言えるでしょう。
      これもエコカーをより普及させるために保険会社が行う取り組みの1つです。
      税金だけでなく保険料も抑えることができますから、エコカーは地球環境に優しいだけでなく私達のお財布にも優しい車だと言えます。
      どのような車に乗りたいか、これは人それぞれで好みがあるため乗りたい車が必ずしもエコカーとは限らないのですが、もし自動車の税金や保険料を優先して考えるならエコカーを購入するという選択肢が出てきます。
      税金や保険料も決して安くはありませんのでエコカー減税を上手に活用しましょう。