自動車保険における家族の定義 | かんたん自動車保険ガイド






自動車保険における家族の定義










自動車保険における家族の定義を語る上では運転手が中心となり、更に言えば保険の契約者が中心になります。車を運転する人を記名被保険者と言いますが、契約内容や特約で家族にも範囲が渡る類のものはあくまでも記名被保険者の家族、という事になります。ですから、

  • 自動車保険における家族の定義とは記名被保険者の家族であり、効果が及ぶのは配偶者、子供、親族、そして同居人が基本です。
  • 記名被保険者を中心として考える

    場合によっては家族の範囲に親族や同居人が含まれない場合があります。つまり交通事故に遭遇した時、車の中に運転手(記名被保険者)のAさんと同居人が居たとします。そしてAさんに落ち度がなく被害者となり、Aさんも同居人も怪我をしたとしたら、Aさん側からすればAさんと同居人の治療費を払って欲しい所です。しかし契約内容やその時の状況によっては、Aさんにしか満足のいく保険料が支払われない、というケースも無くはありません。

    親族や同居人は家族と言ってもかなり遠い間柄ですし、その家族の生活状況によっては記名被保険者の家族の定義に当てはまらないケースがある訳です。しかし配偶者であればほぼ間違いなく記名被保険者の家族として扱われますし、とにかく配偶者と子供が家族の定義から外れる事はありません。ちなみに夫が単身赴任で別居状態だとしても、しっかりと配偶者として認められるのでその点は安心して下さい。記名被保険者の配偶者や子供に関しては同居と別居の有無は問われない事がほとんどですし、同居の有無が問われるのは血縁関係に無い人や遠い親戚に限られます。

    家族として扱われる範囲

    次は家族として扱われる範囲について具体的に説明致しましょう。配偶者についてはもう説明しましたが、若干厄介になる問題は未婚や別居、そして同居についてです。同居親族は同じ建物に居住している事が条件で、例え記名被保険者と同居人に扶養や血縁関係が無くても家族の範囲に入ります。

    そして

    • 同居ではなく本当の親族は記名被保険者から見て6親等内、あるいは記名被保険者の配偶者から見て3親等内が対象になります。また、もしも別居している子供が居たとしたらその子供も記名被保険者の家族範囲に含まれます。
    • なかなか広い範囲まで家族として扱われますから、よほど遠すぎる親戚でも無い限り身近な親族の大半は記名被保険者の家族として扱われるでしょう。それに血縁関係が無くても同居親族として家族の範囲になりますし、これだけ範囲が広いとなると記名被保険者はかなり重要な位置付けだと考えられます。