保険金請求に必要な交通事故証明書 | かんたん自動車保険ガイド






保険金請求に必要な交通事故証明書










事故によって保険金を受け取りたい場合、保険会社にその請求をするわけですがその時に必要な書類の1つが交通事故証明書です。
交通事故証明書がなければ保険金を受け取ることもできませんので非常に重要な書類です。
事故後の対応をスムーズにするためにも交通事故証明書についてしっかりと知っておきましょう。

交通事故証明書とは?

そもそも、交通事故証明書とはなんでしょうか。
交通事故証明書は文字通り交通事故が起きたことを証明するためのもので、該当する事故が警察に届け出られており、さらに警察によって確認されたことを証明してくれます。
具体的には交通事故の発生した日時、発生した場所、詳しい状況や関係する車のナンバー、自賠責保険への加入の有無などが記載されます。
警察に届け出ることが1つの条件になってはいますが発行している機関は警察ではなく自動車安全運転センターで、自動車安全運転センターが警察の記録を基に書類を作成する仕組みです。
つまり自動車安全運転センターに交通事故証明書の発行を申請するのですが一般的には保険会社が申請を代行してくれますので示談交渉などと合わせて保険会社に任せてしまって問題ありません。

自分で申請をするにはどうしたら良いか知っておこう

なんらかの理由で保険会社を通さずに自分で交通事故証明書の発行を申請したい場合、いくつかの方法が考えられます。
まず1つは自動車安全運転センターに直接出向き、そこで申請をする方法です。
申請のための書類を受け取ることができますので必要事項を記入し、そのままスタッフに渡しましょう。
警察への届け出と警察側の処理が終わっていればその場で交付してもらえます。
次に郵便振替での申請です。
保険会社や警察などに郵便振替のための書類が用意されていますのでやはり必要事項を記入して申請しましょう。
後日書類が送られてきます。
郵送ということで多少の時間がかかりますので少し不便な方法かもしれません。
また、現在では自動車安全運転センターの公式サイトから申請することも可能になっています。
自宅にいながらいつでも申請ができるので非常に便利ですが、申請するのは当事者本人に限られていますのでその点にだけ注意しましょう。
どういった方法で申請するにしろ、

保険金を受け取るためには必ず必要になる書類で、事故後はなるべく早く申請をして書類を受け取ることが大切です。

最終的に保険会社に提出することになりますので自分で申請する場合は紛失にも注意が必要です。