自転車の保険の必要性 | かんたん自動車保険ガイド






自転車の保険の必要性










自転車の保険は傷害保険と個人賠償責任保険の二つが主で、傷害保険は自分が怪我をした時に治療費が補償され、個人賠償責任保険は自分が加害者になった場合、相手の治療費や物に対する損害賠償を補償出来る保険です。一般的には傷害保険に入る人が多い傾向にあるとは言え、損害賠償を大きくカバーしてくれる個人賠償責任保険の方が事故を起こした時のリスク対策を効果的に行えます。

自転車は車両である

自転車は自動車やバイクと比べると、事故を起こすというリスクを軽視されがちです。実際に自転車の保険に入っている人も少ないし、保険なんて入らなくても大丈夫と思っている人はまだまだ多いのです。

でも自転車だって車両の一つですし、それなりにスピードを出している時に歩行者とぶつかり、当たりどころが悪かったら相手に重症を負わせるリスクだってあります。それに自転車と自動車が衝突したら大怪我するリスクは一気に高まりますし、自転車だから保険に入らなくても大丈夫という理由にはなりません。それに極論を言えば、自転車同士で軽くぶつかったとしても、頭をコンクリートに打ち付けてしまう事だってありえるし、やはり自転車はそれなりに高いリスクを持った車両なのです。

自転車は確かに誰でも乗れる簡単な乗り物だし、自動車やバイクに比べると大事故に巻き込まれる、あるいは巻き込んでしまう可能性は低いかもしれません。しかし自動車で一度も事故に遭わないまま人生を過ごす人がいれば、自転車で大事故を起こす人だっています。

結局は誰がどんな事故に遭遇するのか分かる訳は無いので、自転車が車両である限りは保険に入る必要性は十分にあるのです。

自転車防犯登録について

自転車防犯登録は保険とは少し違うのですが、自転車の保険について語るなら自転車防犯登録についても触れておくべきでしょう。やはり自転車の事故リスクは高いとは言え、事故に遭う確率よりも盗難される確率の方が遥かに高いので、もし立派な自転車を使っていたり色々な装備をしているなら、自転車防犯登録は何がなんでも登録しておくべきです。自転車防犯登録は自転車を購入した時にお店から登録を求められ、登録すれば防犯登録証を購入出来ます。
そして防犯登録証を自転車に貼っておけば自分の情報が割り出されるので、盗まれたとしても防犯登録証のおかげで自転車が戻ってくる可能性があります。ずっと昔から自転車の盗難は問題になっていますが、なかなか具体的な解決策が採られずに現在に至る訳ですから、

自転車を確実に守って損をしないためには自転車防犯登録への加入が必須です。