約款を確認する際の注意点 | かんたん自動車保険ガイド






約款を確認する際の注意点










自動車保険を契約するのはいいですが、自動車保険に入り、何も確認をしないという人たちも多いのです。

もちろん契約の時も、この保険会社の自動車保険はどのような約款なのかしっかり内容を確認することは必要であり、契約の後でもそれをする必要があります。

自動車保険はただ入ればいいという思いこみも出来ればしないようにしていただきたいのです。

約款には一体何が書かれているのか

自動車保険の約款には、当然どれも大事なことが書かれてあり、保険金の請求手続き、解約の場合の返戻金と言った実際にお金をもらうための方法が書かれてあり、解約する時の方法なども書かれてあります。

自動車保険の契約をするのはいいですが、実際に事故をおこした時にスムーズにお金を得られるためにも前もって約款をしっかり把握するというモチベーションは大事なことになります。

約款、それは普通保険約款と特約で構成され、保険会社と契約をした者における権利、義務について書かれてあります。

普通保険約款は、対人賠償保険、対物賠償保険、車両保険のことであり、 保険契約の全般の取り決めもここに記載されてあります。

特約では各種特約の補償内容や適用の条件がここで定められています。

普通保険約款でここに注目して欲しい

まず私達はなぜ自動車保険を契約するのかと言えば、事故が起きて支払いして欲しい時に支払いされるためにあります。そのためにも

  • 約款をしっかり読み、保険金が支払いされるケース、保険金が支払いされないケースをここで把握するようにしてください。
  • 保険には告知義務、通知義務と言うものもあり、それにしっかり従わなければ保険が下りないというケースもあるので、その意味でもしっかり約款、基本条項に目を通す必要が出てきます。

    そして約款には特約条項が記載されてあり、その内容は保険会社様々です。

    契約の前には、様々な会社において内容を比較してみることもおすすめします。

    そのことによってみなさんも約款に対して見る目を養うことが出来るようになってきます。

    特約には契約する人たちの意志で付帯するものがありそれは自覚出来ていても、自動的に付帯しているものに対してはやっぱり読むということによってしっかり把握するという形になります。

    約款はなかなか読むことに慣れないと言う人たちがかなり多いのも事実です。

    必要ないのなら約款があるはずもありませんし、それでも読まなければならないものが約款であり、それは読んで読み慣れるものなのです。