使用目的を活用する | かんたん自動車保険ガイド






使用目的を活用する










車の使用目的も保険料を大きく変える要因の一つです。

使用目的には「業務」「通勤、通学」「日常、レジャー」の区分があります。それぞれ、保険料が変わってくるので以下の解説を参考にしてください。

使用目的と事故リスク


車の使用目的により保険料は大きく変わってきます。というのも、走行距離の長さ により事故に遭遇するケースが変わってくるので、走行距離が長いと思われる順に保険料が高くなっています。

使用目的は「業務」「通勤、通学」「日常、レジャー」の3種類に分けられ、それぞれに特徴があるのでよく理解しておく必要があります。

業務

使用目的が「業務」は最も保険料が高いです。
なぜなら、仕事で使われているということで運転する時間や走行距離が他の使用目的に比べて長いことが挙げられ、走行距離が長ければそれだけ事故に遭遇するケースが増えてしまうと考えられているからです。

1年間を通して週に5日以上、もしくは月に15日以上、業務として車を使用するのなら使用目的は「業務」としての申告が必要となります 。
宅配業者や運送業者に関してはノンフリートとしての契約ができないことが多いです。

通勤、通学

車を使用して、会社や学校に通っているのなら使用目的は「通勤、通学」になります。仕事で車を使用するよりかは保険料は安いですが、休日のレジャーや買い物等でしか車を使用しないよりかは保険料は高くなります。

1年間を通して週に5日以上、もしくは月に15日以上、「業務」目的以外で車を使用する場合は「通勤、通学」で使用されるとみなされることが多いので、当てはまる方は「通勤、通学」を使用目的として選ぶようにしましょう。

例えば、ご自身の通勤や通学で車を使用していないとしても、送り迎え等で1年間を通して 週に5日以上、もしくは月に15日以上、車を使用しているのなら、「通勤、通学」を使用目的として申告するようにしましょう。
万が一の時に補償を受けられなくなるケースがあります。

日常、レジャー

例えば週末のお買い物や、GW等のレジャーなどでしか車を使用しないのなら使用目的は「日常、レジャー」で申告しましょう。
使用目的が「業務」「通勤、通学」よりも走行距離や運転する時間が短いので、保険料は3つの中で1番安くなります。

申告する基準としては、1年間を通して週に5日以上、もしくは月に15日以上、業務で使用する場合、1年間を通して週に5日以上、もしくは月に15日以上、業務以外で使用する場合の2つの条件に当てはまらなければ、「日常、レジャー」を使用目的として申告しましょう。

使用目的は偽らずに申告

使用目的は保険に加入する時に申告しますが、そこで保険料が安いからといって偽った申告をすると、万が一、事故を起こしてしまった時などに補償を受けることができなくなるので注意が必要です。

保険料が高ければ高いほど、補償の範囲は広がります。つまり、使用目的が「業務」で申告していれば、通勤、通学中の事故、日常、レジャーでの事故も補償されます。

使用目的が「通勤、通学」で申告していれば、業務中の事故は補償されませんが、日常、レジャーの事故は補償されます。