自動車保険の保険料を節約するには | かんたん自動車保険ガイド






自動車保険の保険料を節約するには










車を所持していると便利である反面、様々な費用が掛かるのが負担になる事があります。
車に掛かる費用を見直そうと思った時に、真っ先に思い浮かぶのが自動車保険の保険料ではないでしょうか。

はな さん
車の維持費を少なくしたいです。

自動車保険を見直すことで保険料の節約につながるんでしょうか?


あかり さん
現在加入している自動車保険を見直す事で、車にかかる費用を節約できる可能性が高いです。

以下で解説していくので参考にしてください。

自動車保険の保険料の節約のポイント

自動車保険の保険料を節約するためには、具体的にどうしたらいいのでしょうか。
節約するためのポイントをご紹介します。

あかり さん
ポイント1:代理店型の自動車保険から通販型の保険に切り替える

従来の代理店型の自動車保険の場合、店舗のテナント料や人件費などが掛かる事になり、それが必然的に保険料に上乗せされていました。
それに対して、近年テレビコマーシャルなどでよく目にするインターネット等を使って契約する通販型の保険は、店舗の維持費や人件費などが大幅に削減されているため、その分保険料も安く設定されています。
ただし、通販型にはデメリットもあります。
代理店型の保険の場合には、万一事故を起こしてしまった際に代理店に電話すれば、手続きなども全て対応してくれましたが、通販型の場合には、事故処理などを自分でやらなければいけない事が稀にあります。
通販型の自動車保険に加入する際には、保険料の安さだけで比べるのではなく、サービスの内容もしっかり比較してから契約するようにして下さい。
あかり さん
ポイント2:補償内容の条件を見直す

自動車保険では、年齢や家族限定などの条件によって、補償を受けられる対象の人の範囲が決まっています。
その対象を変更するだけで、保険料が節約できる事もあります。
例えば、運転する人が家族だけに限られる場合や、運転する家族に30歳以下の人がいない場合、それらを条件に加えれば、それだけで保険料は安くなり、その分節約できます。
デメリットとしては、家族限定としている保険で、もし知人が運転して事故を起こしたら補償されないというようなケースが挙げられます。
そのような場合には、一時的に条件を変更するか、もしくは1日自動車保険などに加入するという手続きを忘れないようにして下さい。
あかり さん
ポイント3:車両保険の必要性の有無を確認する

自動車保険の保険料の中で、特に大きなウエイトを占めているのが車両保険です。
車両保険とは、車をぶつけてしまったり、当て逃げされてしまったりした時のための保険ですが、もしそのような事が起こった時に、保険を使って修理すると、実は次の契約から保険料が大幅に上がる事になります。
ですから一般的には、修理の料金が10万円以下である場合は、保険を使わないで自分で修理代を支払った方が、結果的にはお金の節約になると言われています。
また年数の経っている車であれば、車両保険を掛けていたとしても、大した金額が下りないという可能性もあります。
今一度、車両保険を付けている意味があるかどうかを見直して、必要ではないと判断したらそれを外す事で、自動車保険の保険料は大幅に節約できます。
あかり さん
ポイント4:車の使用目的を明確化する

車の使用目的で、自動車保険の保険料は異なります。
自分がどのような状況で車を使っているか、明確化してみましょう。
自動車保険では、車をどういった場面でよく使用するかによって、「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務」の3つに使用目的が分類されています。
車を使用する頻度が高いとみなされる程、保険料は高くなりますので、この中では業務が最も保険料が高く、逆に日常・レジャーが一番安い保険料になります。
また、年間の走行距離によって保険料を割り引く制度もあります。
自分がどの程度車を使うか見極めて、保険料の節約に努めましょう。
あかり さん
ポイント5:2台以上車を所有しているなら特約など保険の重複部分を削る

またその他の節約方法として、家で2台以上車を所有している場合には、保険の重複部分を削るという方法があります。
例えばひとつの保険で弁護士費用の特約を付けていれば、他の車での事故の場合にもそれで賄える事があります。
そういった細かい点を見直して、少しでも自動車保険の保険料を節約できるようにすると良いと思います。
このように補償内容を見直したり、必要ではない特約を削ったりする事によって、保険料は大きく節約できますが、もしかしたら他の保険会社に乗り換える事で、さらに保険料を節約できる可能性もあります。
当然同じ補償内容であっても、保険会社によって保険料は異なります。
また同じ保険料であっても、補償内容がより優れているという事も考えられます。
はな さん
保険料や補償内容の違い等を比較したい場合はどうしたらいいですか?

あかり さん
それらを比較するのには、インターネットなどで提供されている自動車保険の保険料一括見積りサイトを利用する方法がおすすめです。

自動車を所持していると、自動車保険料だけでなく、車検代や駐車場代、ガソリン代など、多くの維持費用が掛かります。
その中で最も節約ができるのが自動車保険料ではないでしょうか。
節約のために、ぜひ一度一括見積りサイトを試してみて下さい。