年齢条件と運転者限定を活用する | かんたん自動車保険ガイド






年齢条件と運転者限定を活用する










自動車保険料を節約するためには補償の対象範囲と年齢条件を限定することが非常に重要です。

最適化することができれば、大きく節約することが可能になります。長期間、自動車保険の見直しをしていないのなら、年齢条件と運転者限定に注目してみましょう。

また、知っていると役に立つ、保険見直しのタイミングを以下で解説しているので参考にして下さい。

保険の見直しタイミングその1:子供が独立

自動車保険の保険料は年齢の幅を広げると高くなる傾向にあります。現在、子供と一緒に住んでいて、1台の車を家族で使用している場合は、年齢条件を子供の年齢に合わせて、「全年齢補償」や「21才以上補償」「26才以上補償」などに設定しているケースが多いと思います。ただ、この状態というのは保険料が高い状態になります。

子供が結婚や就職などを機に独立したり、別居したりして、車を共有しなくなるのなら、まさに、保険の見直しのタイミングと言えます。夫婦だけで運転するのなら、年齢条件の見直しをしましょう。

1つの例を挙げると18才以上の子供がいるとす ると、親の年齢はどんなに若くても、35才以上だと思われます。
年齢条件を「全年齢補償」から「35才以上補償」にすることで、数万円の節約が可能になるケースもあります。

運転者限定においても、子供と同居して車を共有しているときは、「家族限定」や「限定なし」にしているかとは思いますが、子供が独立して自分しか乗らないのなら「本人限定」に設定し、夫婦で乗るのなら「配偶者限定」や「夫婦限定」に設定することで大きく節約することが可能です。

保険の見直しタイミングその2:もう1 台車を購入


今までは、家族で1台の車を共有していたけれど、妻や子供が自分用に車を買うなど、新たに車を購入した場合も見直しのタイミングと言えます。

今まで、共有していた車が、自分しか乗らなくなるのならすぐにでも保険の見直しをしましょう。年齢条件や運転者限定を本人だけに合わせた設定に変更することで保険料の節約が見込めます。

これから先も、自分以外の人間が運転する機会があるかもしれないのなら保険の設定は変更しないようにして下さい。事故が起きてしまった時に補償を受けられなくなってしまいます。

年齢条件と運転者限定について

年齢条件の範囲や運転者限定の種類は保険会社により様々です。
たとえば、年齢条件の範囲が「全年齢補償」「21才以上補償」「26才以上補償」「30才以上補償」に分けられているケースもあれば、「35才以上補償」を「30才以上補償」の代わりとしてる保険会社もあります。

運転者限定についても種類が保険会社により異なるので、複数の保険会社を比較してどれが最も自分に合っているのか比較することをオススメします。

ひとつずつ、保険会社に見積もりを依頼するのは非常に時間がかかるので、インターネットを利用した一括見積もりサービスを有効に利用して、効率よく比較してみてはいかがでしょうか。