保険を見直すタイミングっていつ? | かんたん自動車保険ガイド






保険を見直すタイミングっていつ?










年齢は自動車保険の大きなポイント

はな さん
自動車保険を見直したほうがいい時期はありますか?

あかり さん
誕生日を過ぎたら見直したほうがいいかもしれません。

というのも、保険会社が定めた年齢によって保険料が大きく変わってくるからです。

もしかしたら、対象の年齢に達しているかもしれないからです。

基本的に自動車保険の場合、保険の対象となる人の年齢が若ければ若いほど保険料が高くなる仕組みになっているのですが、これは統計上若い人の方が事故を起こしやすいからです。

各保険会社によって細かな違いはあるかもしれませんが、大きく区分を分けると全年齢担保、21歳未満不担保、26歳未満不担保、30歳未満不担保というように年齢によって制限が設けられています。

はな さん
つまりはどういうことですか?

あかり さん
全年齢担保とは自動車免許を取得できる18歳~20歳までの人にも保険が適用されるものです。

21歳未満不担保なら21歳以上、26歳未満不担保なら26歳以上、30歳未満不担保なら30歳以上が自動車保険の対象となるということです。

保険会社によっては35歳以上も設けているところもあります。


はな さん
この年齢になったときに見直しをするようにすればいいんですね。

あかり さん
そのとおりです。
具体的には21歳、26歳、30歳、35歳を過ぎた時には保険料金が安くなるので、保険の見直しをした方が良いとされているのです。

上記以外にも例えば、家族で自動車を運転するとして、子供が免許を取得し車の運転をするようになった時に、年齢制限が子供の年齢に合っていないときはその年齢に合わせて見直す必要があります。

ダイレクト型保険

あかり さん
他にも従来の代理店型保険とは異なるダイレクト型保険が出たことで、大幅に保険料を節約できるようになったことから保険の見直しを検討する人が増えてきています。

はな さん
保険料の見直しでおすすめの方法はありますか?

あかり さん
インターネットの自動車保険一括見積もりがおすすめです。

経済的にあまり良くない状況下ですので、少しでも余計な出費を減らしたいと考える人は多く、中でもインターネットの自動車保険一括見積もりは効率よく保険会社の見積もりが比較できるので人気を集めています。

自動車保険の場合、保険料金と補償内容のバランスが大切だと言われているのですが、一括見積もりを利用することであまり保険に詳しくない素人の人でも簡単に保険の比較検討ができるようになりました。

このことも保険見直しをする人が増えた理由の1つかもしれません。

自動車保険に関しては規制緩和以降、多くの企業が参入してきており、国内の保険会社から外資系の保険会社まで幅広く選択することができるので、自分にとって必要なもの、不必要なものを選択することで、かなりの保険料節約をすることができるようになっています