事故の種類別による等級の変化 | かんたん自動車保険ガイド






事故の種類別による等級の変化










事故の種類により【3等級ダウン事故】【1等級ダウン事故】【ノーカウント事故】に区別されます。

以下でそれぞれの事故の例を挙げているので参考にして下さい。

事故の例

3等級ダウン事故

  • 対人賠償保険を使用した。(他人を事故により怪我をさせてしまった。)
  • 対物賠償保険を使用した。(他人の車などを壊してしまった。)
  • 車両保険を使用した。(契約している車を建物などにぶつけてしまった。)


3等級ダウン事故は以前までは等級ダウン事故と表示されていました。また、1等級ダウン事故やノーカウント事故に当てはまらない事故はすべて3等級ダウン事故として扱われます。

1等級ダウン事故

  • 契約している車が盗難され、車両保険を使用した。
  • 契約している車が、台風、洪水などの被害に遭い車両保険を使用した。
  • 契約している車が、飛び石などでガラスが破損したり、落書きなどのイタズラをされ車両保険を使用した。

ノーカウント事故

  • 人身傷害保険、搭乗者傷害保険のみを使用した。
  • 自動車事故弁護士費用特約のみを使用した。
  • 原動機付バイクで事故を起こしてしまい、ファミリーバイク特約を使用した。


上記の事故の他に等級がダウンする事故を起こしていなければ、翌年、等級は1つアップします。