自動車保険の複数年契約について | かんたん自動車保険ガイド






自動車保険の複数年契約について










自動車保険の契約年数は1年というのが主流だと思われている方も多いと思いますが、中には2年や3年の複数年契約の自動車保険というものもあります。

それらは長期自動車保険、または長期分割払い自動車保険などと呼ばれています。

契約した時の等級や保険料の料率が満期までの間変わらないので、保険を使っても次年度に保険料が上がらなかったり、保険料が値上がりする時にでもその間は影響を受ける事がないなどと言う点で注目を集めています。

はな さん
それでしたら、複数年契約で自動車保険に入った方がお得ですね。

あかり さん
確かにお得なんですが、正しくその仕組みを理解していない状態で、安易に軽度の事故で保険を使ってしまい、満期で更新する時に保険料が倍近くにまで跳ね上がってしまったというような例もあります。

はな さん
そうなんですね。

更新時に保険料が上がって慌てないためにも、自動車保険の複数年契約の仕組みを理解しておく必要があるんですね。


あかり さん
そのとおりです。

自動車保険を1年契約する場合と3年契約する場合で、どのような点に違いがあるのかを見ていきたいと思います。

ご確認下さい。

複数年契約は同じ保険会社なら保険料は同様か少し安くなる傾向

長期自動車保険は、車のディーラーで取り扱われるケースが多くなっています。

新車の場合は3年、それ以降は2年という車検の時期に合わせて契約する形になります。

はな さん
複数年契約にはどんなメリットがありますか?

あかり さん
・保険期間の間は更新の手続きが必要ない
・無事故の継続を前提に複数年の保険料が設定されている
・保険期間中、保険料は変わらない

複数年契約の自動車保険には上記の3つのメリットがあると言われています。

長期自動車保険は、契約時点の等級と保険料率で、その保険期間中の保険料が計算されます。

仮に10等級で3年契約をしたとすると、3年間同じ保険料を払うという訳ではありません。

1年目は10等級、2年目以降は1等級ずつ上がって行くというように、その間は事故がなく更新して行くという事を前提に、1年ごとの保険料が設定されています。

その金額は、同じ保険会社であれば1年更新の場合と同等か、もしくは少し安い程度です。

この3年間の間に、もしゴールド免許ではなくなってしまったり、等級がダウンする事故を起こす事があっても保険料は最初に決めた通りです。

また保険料率が変わって、保険料が改定されても契約期間中であればそれは適用されません。

その事が長期契約の保険が有利だと言われる点です。

保険の等級の見直しは満期更新時

自動車保険を1年で契約している場合、10等級で加入し1年目で事故を起こせば2年目は7等級に下がる事になります。

そしてその後事故がなければ、毎年1等級ずつ上がり4年目には9等級となります。

あかり さん
以下は1年契約で1年目に事故を起こした場合の等級の変化になります。
 1年目2年目3年目4年目
1年目に事故を起こした場合10等級7等級8等級9等級

しかし複数年契約の自動車保険の場合だと、等級ダウンの事故を起こしたとしてもその契約期間中には、等級の見直しは行われません。

次の計算式で満期の後の等級が算出される事になります。

・10等級+(3年-1件-0件)-3×1件-1×0件=9等級

このように、1年契約であっても3年契約であっても4年目の等級は同じという事になります。

あかり さん
以下は3年契約で1年目に事故を起こした場合の等級の変化になります。
 1年目2年目3年目4年目
1年目に事故を起こした場合10等級11等級12等級9等級

そう考えると、4年目は同じでも2年目と3年目に保険料がかわらない複数年契約の自動車保険の方が断然お得のように思われるかもしれませんが、そうとも言い切れない部分もあるのです。

長期契約では気軽に保険請求する人が増加の可能性

インターネットなどでは、自動車保険の複数年契約には、事故を起こしても保険料が上がらないというメリットがある事を大きく取り上げている記事も見受けられます。

それを鵜呑みにして、自動車保険を複数年契約し、その間小さな事故でも保険をどんどん使おうとする方がいますが、それは大変危険なことです。

はな さん
どうして危険なんですか?

保険料は変わらないんですよね?


あかり さん
確かに保険期間中には保険料が上がる事はありませんが、満期が来て次の保険に更新をする際の等級は1年契約のケースと同等の取り扱いになります。

はな さん
更新時に保険料が上がるということですか?

あかり さん
そうです。

保険期間中、2度保険を使ったら更新後の保険料が2倍になってしまったという方もいます

事故で保険を使った場合には、2013年から「事故有係数」が適用される事になっています。

それにより、事故を起こし保険を使った場合、その後の保険料への影響は、それ以前よりも大きくなっています。

例えば同じ10等級だとしても、事故を起こすなどで保険を使う事がなければ45%の割引があるのに対して、事故で保険を使えば23%の割引になってしまいます。

※事故有係数については「自動車保険の無事故割引について」にてわかりやすく解説しています。参考にして下さい。

1等級2等級3等級4等級
無事故64%28%12%-2%
事故有64%28%12%-2%
5等級6等級7等級8等級
無事故-13%-19%-30%-40%
事故有-13%-19%-20%-21%
9等級10等級11等級12等級
無事故-43%-45%-47%-48%
事故有-22%-23%-25%-27%
13等級14等級15等級16等級
無事故-49%-50%-51%-52%
事故有-29%-31%-33%-36%
17等級18等級19等級20等級
無事故-53%-54%-55%-63%
事故有-38%-40%-42%-44%

あかり さん
上記の表は等級制度における無事故の場合と事故有の場合の割引、割増率になります。

はな さん
同じ等級でも無事故の場合と事故有の場合を比べると割引率にけっこう差があるんですね。

実際に、駐車場で少し車をこすってしまったという自損事故で保険を使ってしまったために、次の更新時の保険料が上がってしまったという方もいます。

自動車事故を起こし保険金を請求すれば、1年契約でも複数年契約でも等級は下がって、保険料は上がります。

等級を見直すのは満期が来た更新の時です。

そのため長期間等級が据え置かれる複数年契約では、その間に事故を起こして保険を使った方が得であるかのような錯覚さえ起こしてしまうのです。

はな さん
確かに錯覚を起こして、ちょっとの事故でも保険を使って修理しちゃいそうです。

あかり さん
そうですよね。

しかし、複数年契約でも1年契約でも、満期時には等級は同等になりますので、小さな事故を起こしてしまったような時には、ここで保険を使ったら今後の保険料にどう影響するかを、よく考慮する事が必要と言えます。

複数年契約のほうが同じ保険会社だったらお得

正しく複数年契約の自動車保険についての仕組みを理解しているならば、同じ保険会社であれば1年の契約よりは複数年の契約の方が有利と言えるでしょう。

無事故であれば保険料は同じかやや安くなりますし、もし事故を起こしてしまっても満期までは保険料が変わらないというのは大きなメリットでしょう。

しかし長期自動車保険が全てお得かと言えば、そうとは言い切れません。

はな さん
どうしてですか?

あかり さん
例えば代理店型の自動車保険と比べて、ネットなどで申し込みを行う通販型自動車保険の方が、人件費などを抑えている分、保険料も抑えられているケースがあるからです。

見積りの条件や、補償の範囲などによって自動車保険の保険料は大きく変わって来ますが、長期契約を検討するような場合でも、他社と比較してその保険に複数年入った方が得なのかをしっかり確認した方が良いと思います。